芸能

母・寺島しのぶの願いが叶い、ハーフの歌舞伎役者が誕生!!

 5月3日から歌舞伎座で始まった「團菊祭五月大歌舞伎」で、女優・寺島しのぶの長男眞秀くんが、初お目見え。酒屋の丁稚・与吉を演じ、観客から喝采を浴びた。

「花道に登場すると“かわいい”の声がかかり、セリフを言って花道を戻っていく姿に拍手が送られていました。4歳でしかもハーフの歌舞伎役者は、公には初めてと言われています。今から成長が楽しみですね」(女性誌記者)

 寺島の夫は、フランス人のアートディレクター、ローラン・グナシア氏。ハーフの歌舞伎役者に対しては、賛否両論。さまざまな意見があったという。

「反対する声もありますが、そこは現・菊五郎、その父、祖父と三代続けて人間国宝になっている音羽屋。文句を言わせなかったようです」(歌舞伎関係者)

 さらに息子の“歌舞伎役者デビュー”には、母である寺島の、歌舞伎に対する並々ならぬ思いがあったという。

「寺島は小さい頃、歌舞伎役者になりたかったものの女性だけになれず、家出をした経験があります。それだけに息子が生まれた時、口では“息子が選んだ道を行って欲しい”と言っていたものの、心の中では歌舞伎役者になって欲しいと強く思っていました。反対する声があっただけに、感慨ひとしおのはずですよ」(前出・女性誌記者)

 実は、そんな寺島自身の願いを叶える出来事がもうひとつある。

「今年の2月、寺島は六本木歌舞伎『座頭市』に出演。市川海老蔵と22年ぶりに共演を果たし話題を呼びました。寺島はその舞台で白塗りをして早変わりや花魁道中を披露しています。本人も感慨深いものがあったようです」(前出・歌舞伎関係者)

 幼い頃からの夢を果たした寺島。これからは女優として、名門音羽屋を担う歌舞伎役者の母として、ますます存在感を発揮していくに違いない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アンガールズ田中の結婚に水を差した和田アキ子のトンデモ勘違い発言
2
前巨人・山口俊「キャンプインなのに自主トレ」不可解行動で浮上した「スキャンダル暴露封じ」
3
「スシロー」悪質ナメナメ騒動で発覚した「醤油マズイ問題」の対処現場
4
田原俊彦が思わず口走ったジャニー喜多川氏への本音「ジャニーさん、何も考えてないよ」
5
歴史発見!親の仇・織田信長をうならせた…今川義元の子・氏真「名人級の技」