芸能

マツコ・デラックス「海老蔵暴行事件」を冷たくブッタ斬った「さぁ…好きに生きて」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

 2010年11月に港区西麻布のバーで関東連合元リーダーらと同席中、トラブルに巻き込まれ、左頬を陥没骨折。さらに前歯や鼻など顔面全体に全治2カ月の大ケガを負った市川海老蔵(現・市川團十郎)が、世間を騒がせたとして謝罪記者会見を行ったのは、同年12月7日である。

 集まった500人の報道陣を前に、左目を真っ赤に充血させて緊張した面持ちの海老蔵は、

「多くの方にご迷惑をかけ、誠に申し訳ありません。心よりお詫びします。深く反省しています」

 そう涙目で謝罪すると、

「殴られた時、逃げていた時、死ぬかと思いましたが、こちらから(暴力は)一切していない」

 として、妻の小林麻央から「生まれ変わって」と懇願されたことを明かした。1時間半の会見中、11回も頭を下げ、反省の色を見せた、のだという。

 ただ、筆者はこの時間に別件取材があり、この会見は見ていない。そのため、あえて「という」と書いたのだが、翌8日に都内で行われた「カラオケ JOYSOUND Wii SUPER DX ひとりでみんなで歌い放題!」新商品記者発表会に出席したマツコ・デラックスの「海老蔵謝罪会見」の感想が非常に彼女らしく面白かったので、今回はそちらを取り上げてみたい。

 いつからマツコが芸能界のご意見番的キャラとして、重宝されるようになったのかはわからない。ただ、おそらく視聴者もメディアも「美川憲一」や「デヴィ夫人」などの毒舌では、さほど食指が動かなくなっていたこともあり、新たな「毒舌キャラ」誕生を心待ちにしていた。そんな折、ジワジワとエッジの効いたコメントで頭角を現してきたのが、マツコだったような気がする。

 というわけで、本題へ。マツコは会見でこう語った。

「気持ち悪くて(中継された会見の模様をほとんど)見ていないのよ。最初、丁重に(謝罪に)入ったじゃない。私、ああいう人には『やんちゃならやんちゃを貫いてほしい』と思っているから、ああ…ってなっちゃった。いい家に生まれてきたの(海老蔵)と、野良犬みたいなところから這い上がってきたオカマ(マツコ)とは関係ない話だわ」

 いきなり一刀両断である。海老蔵に何かひと言ないか、と問われても、

「さぁ…好きに生きて」

 だが、カラオケゲームの会見ということもあり、デュエットしたい人を聞かれたマツコは「海老蔵?」と苦笑い。しかし、好きなタイプを問われると、

「そこだけは譲れない。あの人がモテるのはすごいわかるけど、私はああいう顔は好きじゃないのよね。私のような一人カラオケしている世の中の人には朗報。変な西麻布の店にも行かなくていいし、殴られなくても、殴らなくても済む。家で歌ってればいいんだから、こんな時節柄を反映したいい商品は、ほかにない」

 スポンサーが喜ぶよう、ナイスにまとめて会見は終了。さすが稀代の女装コラムニストと言われたマツコのコメント力に、思わず脱帽する記者会見となったのである。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」