芸能

ニューヨークでの活動を開始した綾部祐二が目指すのは不思議キャラだった?

 かねてよりアメリカ進出を公言していたお笑い芸人の綾部祐二が、ついに現地での初仕事をつかんだ。現地5月14日にニューヨークのセントラルパークで開催された「ジャパンデー」に親善大使として参加したもの。

 その綾部はイベント中、司会者から英語で話しかけられると「アイ・キャント・スピーク・イングリッシュ」と苦笑い。その様子からは、綾部がアメリカでどんなキャラを演じるかが垣間見られたという。アメリカ在住歴のあるライターが語る。

「この場合には『キャント(can’t)』ではなく『ドント(don’t)』を使うのは英語学習ではごく初歩のはず。いくら綾部が英語初心者とは言え、それくらいの文法は学んでいるはずですが、綾部はわざと間違えたのかもしれませんね。つまり英語力のなさを逆手に取り、珍妙な英語を話す不思議キャラを演じるつもりではないでしょうか。もとより表情や仕草の表現力は高いので、乏しい英語力を補うことは難しくないはずです」

 しかも綾部の芸風もアメリカ向きだというのである。お笑いライターが指摘する。

「日本で主流のどつき漫才は暴力的だとしてアメリカでは拒絶されます。その点で綾部と又吉直樹のピースでは二人の関係性や話術を中心に組み立てたコントがメインなので、アメリカ流にもアレンジしやすいでしょう。また綾部の妙齢マダム好きも、アメリカドラマ『アリー my Love』に同様のキャラがいましたし、特徴としてアピールできるかもしれませんね」

 意外にもアメリカ向きなのかもしれない綾部。早く現地で活躍する姿を見てみたいものだ。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレ東・角谷暁子、必死に隠したけど…放送事故級“見えちゃった”大事な部分
2
「豊洲市場を出禁」報道の渡部建、現場の社員から返ってきた意外な答えとは?
3
華原朋美、ますますド迫力のカラダつき…披露した“騎乗”映像の「圧巻」!
4
中川翔子のニットがパンパン!ダイエット成功でもバストはデビュー当時以上?
5
フジ渡邊渚、「柔らかそう!」絶賛の“Gバスト”爆揺れダンス生披露