芸能

叶姉妹は生き残り清原和博は「憤死」?カジノ法案で明暗分かれる芸能人とは

 叶姉妹や清原和博らの芸能人にとって「美味しい仕事」とされるパチンコ店での営業イベント。一回の営業で数十万円のギャラが入るとあって、パチンコ愛好家に顔と名前を知られた芸能人がパチンコ店回りに精を出している。だがその美味しい仕事がなくなってしまう可能性が出てきたというのだ。週刊誌の記者がその背景を説明する。

「自民・公明両党が議員立法を目指す『ギャンブル等依存症対策基本法案』の骨子案が5月13日に報道されました。同案にはパチンコ事業者の広告規制が含まれており、芸能人を起用したイベントが禁止になると言われているのです。同案は政府与党が成立を目指す“カジノ法案”ことIR法案の前提になるもの。日本でのカジノ解禁を実現するために、パチンコが規制対象となるわけです」

 この法案が成立すれば、パチンコタレントたちは一斉に路頭に迷うということだろうか。だが実際には大きな明暗が生じる、と前出の週刊誌記者が指摘する。

「日本にカジノが開業した暁には、カジノ関連のイベントという新たな需要が生まれるはず。もとより華やかなイメージで売っている叶姉妹はうってつけの存在でしょう。一方で法律違反の薬物事件で逮捕歴のある清原は、クリーンさが重視されるカジノで招かれざる客になることは明らか。大事な収入源が絶たれてしまう可能性が高いですね」

 カジノ施設にはショーなどのエンターテイメントが付き物。そこで活躍できるかどうか、パチンコタレントたちは今から身の振り方を考えておくべきかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山口達也に続きさんまも「標的」に!? 泰葉の“便乗商法”に世間はウンザリ
2
西城秀樹「急逝報道」での安藤優子“ナマ号泣”に視聴者から冷ややかな声が!
3
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
4
“下腹部のスジ”見えた!? フジ鈴木唯、脚開き連発に男性視聴者が大興奮
5
酒好き美女7人の「酔い乱れ」現場(1)説教モードに入る新垣結衣