スポーツ

稀勢の里を苦しめる「三重苦」はケガ、親方との不仲、そしてあと一つは?

 今月の14日から開催中の大相撲五月場所。3連覇がかかっていた横綱稀勢の里は5月23日までに6勝4敗。桟敷席を埋め尽くすファンの期待とは裏腹に精彩を欠く相撲が続いているが、それもそのはず。今場所の稀勢の里は3つの苦しみを抱えた中で土俵に上がっているのだ。

 1つ目はケガ。先場所負った左肩の傷は重く、場所後の春巡業や稽古総見を欠席。今場所へ出場を決めたのは初日の3日前。しかし、武器である左の威力は十分に戻っておらず、横綱になってから配給していなかった金星も与えてしまった。場所前のけいこを視察した北の富士勝昭氏の「無理をして優勝を狙う必要はない。休む手もある」という忠告も今となっては空しいばかりだ。

 2つ目は親方の存在。ことあるごとに先代師匠の鳴戸親方の話しかしないことからも、稀勢の里と今の師匠である田子ノ浦親方の間にはたびたび不仲説が囁かれてきた。加えて、その田子ノ浦親方は先述した稽古総見の際、あろうことか稀勢の里の欠席を協会に伝え忘れるという失態を演じている。こんな現親方のもとでは相撲に対する気力が削がれていたとしても不思議ではない。

 そして、3つ目は懸賞金。当代随一の人気力士となった稀勢の里にはそのぶん懸賞金も多くかけられており、その額およそ150万円。この大金が稀勢の里の対戦相手を燃え上がらせている。事実5日目に稀勢の里に善戦した千代翔馬は「130万円の超音波治療器を買うつもりだった」と懸賞金を自分のモチベーションとしていたことを口にしている。

 来る日も来る日も懸賞金欲しさに目の色を変えた力士にぶつかってこられては、さすがの稀勢の里もたまったものではあるまい。

 苦しむ日本出身横綱に、光は差すだろうか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旅サラダ」の宿命!神田正輝9月降板で「次のターゲット」はいよいよ勝俣州和
2
阿部監督の苦悩…巨人・新外国人モンテスの快音デビューをかき消す2軍投手陣「連続炎上事件」
3
藤浪晋太郎が乱入!阪神エース・才木浩人のインスタライブで岡田彰布監督をイジリ倒した
4
巨人・阿部監督が不満ブチまけ!「門脇誠より新外国人モンテス」正遊撃手争いの厳しい現実
5
オリックスで塩漬けのT-岡田を阪神・岡田彰布が「選手兼任コーチ」で引き取るって!?