芸能

新事実!田中れいな盗み撮り犯が撮ったのは生アンダーウエアではなかった

 6月27日にSNSで盗み撮り被害にあったことを告白した元「モーニング娘。」の田中れいなが7月1日放送のラジオ番組「ヤングタウン土曜日」(MBS放送)に出演。一部始終をパーソナリティーの明石家さんまにぶっちゃけた。

「これは、『昔は筋金入りのヤンキーだった』という噂を田中みずからが認めた時以来の衝撃ですね。昨年7月放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で、田中は証拠写真付きで自身のヤンキー伝説について幼稚園で細眉、11歳で金髪、中学生でルーズソックスにロングスカートでヤンキーデビューしたと嬉しそうに話し、ファンは騒然となったんです。今回はミニスカの中を携帯で撮られた被害者なのに『武勇伝』のように話した。ファンは心配すると同時に盗撮犯に逆ギレされなくてよかったと胸をなでおろしていたんですが、田中は“報復”される危険性も考えずに終始笑い話扱いしていた」(エンタメ誌ライター)

 事件のあらましはこうだ。スーパーでお菓子を見ていた田中のそばに男がいた。田中が惣菜売り場に移動すると、男もそばに寄ってきた。通り過ぎる時、田中の太ももの裏に何か当たったので見ると男が携帯を持っていた。その後、SNSで田中は「あのさ撮るなら撮るて言ってよ。そしたらパンツかわいーの履くやーん」と挑発的ともとれる余裕のコメントをし、結局警察に突き出すことはせず、「面倒くさいので追いかけるのをやめた」とつづったというものだ。

 ラジオで田中は、「いつも短いのをはくタイプやから、下は頑丈にして」いることを説明。「パンツの上にスパッツはいて、その上からまたフリパン」を何重にも重ねばきしており、盗撮予防策が万全なことを強調し、「パンツは撮られてないです、絶対に」と胸を張った。さんまに「アンダーウエアみたいなんは撮られたわけやろ?」とツッコまれると、「ああ、そうですね」といったんは納得。だが、さんまから「それをパンツと解釈したら、向こう(犯人)は嬉しいよな」と、もう一度ツッコミを入れられると、田中は「ああ、そっか」と言いながら「でも、全部真っ黒ですけどね」とダメ押ししたのだった。

 とりあえず田中の生パンティーは守られた様子。それにしてもプライベートで「アンダースコート」着用とは、アイドルもいろいろと大変なようで…。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
2
吉岡里帆 ドラマ「レンアイ漫画家」で“27秒42回”バスト揺れも大爆死の舞台裏
3
吉岡里帆、「強引に脱がされバストを責められる」衝撃シーンが大反響!
4
マギーが「ピラティス写真」公開!「まるでアンダーウエア」な服装に騒然
5
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声