芸能

内田理央、今度は「メスの穴」レスラー役で過激路線が止まらない!

 女優・モデルの内田理央が、驚きの女子プロレスラー姿を披露した。内田は、11月6日に、浅草九劇で上演される舞台「チョップ、ギロチン、垂直落下」に出演することになっており、その宣伝の一環として驚きのビジュアルが解禁されたのだ。青いプロレスのコスチュームを着た内田が、笑顔でコブラツイストを決めている。肌見せ度も絶妙で、艶ショットとも言える衝撃の一枚だ。

「この作品のストーリーは、上司のパワハラに耐えかねて会社を辞めたOLや、アイドル崩れなど、社会から落ちこぼれた女性が集まる女子プロレス団体『メスの穴』を舞台に繰り広げられるというもの。『演劇をプロレスで見せる』という意欲作で、舞台上でも内田のパワフルなパフォーマンスが大いに期待できます」(スポーツ紙記者)

 昨年、「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)で、通称“ポジティブモンスター”のOL・五十嵐杏奈役で出演した内田。清楚なスーツに身を包んでいた姿からはとても想像できない今回の役どころだが…。

「実は、内田は格闘技に以前から興味を示していましてね。今年の3月に都内で行われたイベント『MORE40周年記念 モアチャレ』では、キックボクシングに挑戦することを宣言。総合格闘家のRENAから指導を受けることを明かして、報道陣にもハイキックを披露していました。今回宣伝中の舞台のオファーも、そんな経緯があったから引き受けたのかも知れませんね」(前出・スポーツ紙記者)

 それにしても、大胆な役を引き受けたものだが、実は内田は他の作品でも過激な役に挑戦している。

「昨年の3月に公開された内田主演の映画『血まみれスケバンチェーンソー』では、何と“ふんどし姿”まで公開しています。作中、風でめくれたスカートから見えるのは、アンダーウエアではなくヒップにしっかり食い込んだふんどし。あれは衝撃的でした」(映画誌ライター)

 ふんどし女子高生の次は、艶っぽプロレスラー。 内田はいったい、どこに向かおうとしているのか…!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石橋貴明もショック?「細かすぎモノマネ」に木梨憲武が出演しない理由
2
松本人志、BTS原爆Tシャツ問題に“号泣マジギレ”も十分ありえた「過去言動」!
3
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
4
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
5
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(1)期待されていた有働由美子だったが…