芸能

広瀬すず 超過密スケジュールを支える「影武者」がいた!(1)「姉のアリスより似ている」

 名実ともに若手ナンバーワン女優の呼び声が高く、「CM女王」にも君臨する広瀬すず。超過密スケジュールをこなす超売れっ子に、「影武者」がいるという仰天情報が飛び込んできた! 撮影現場で目撃されたその人物は、背格好や顔つきまですべて酷似しているという。ついに突き止めた、その正体とは!

 現在、公開中のアニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」(東宝)で主人公の声優を務めた女優の広瀬すず(19)。劇中でカバーした松田聖子(55)の名曲「瑠璃色の地球」が同作のサウンドトラック盤に収録され、CDデビューを飾った。

 秋には映画「三度目の殺人」(東宝/ギャガ)、「先生!」(ワーナー・ブラザース映画)が公開予定。今年の「上半期タレントCM起用社数ランキング」(ニホンモニター調べ)では、14社に出演して初めてCM女王に輝き、ノリに乗った旬の時期を迎えている。

「3月に公開された『チア☆ダン』(東宝)は、興行収入10億円を突破。昨年、主演を務めてヒットした映画『ちはやふる』(東宝)の続編も決まっています。広瀬を起用すれば当たるというのが業界の共通認識。スケジュールを押さえるのが難しい女優になりました」(映画ライター)

 歌に映画にCMと、次から次に仕事が舞い込んで多忙を極める中、広瀬に“影武者”がいるという仰天情報をキャッチした。広告代理店関係者が耳打ちする。

「業界では絶対に口外禁止の機密情報です。その影武者は、まさに生き写しで、姉のアリス(22)より似ていると評判。彼女が支えていなければ、広瀬の活躍はなかったかもしれません」

 今やテレビCMで見ない日はないと言われる広瀬だが、まさか「ニセモノ」が交じっていたということか──。前出の広告代理店関係者がタネを明かすには、

「いわゆるリハ要員です。CM撮影は早朝から深夜までぶっとおしで行われることが多いんです。といってもほとんどの時間は照明やカメラワーク、立ち位置の確認などに費やされるため、テストを繰り返す間は『スタンドイン』と呼ばれる、背格好の似た“代役”を立てます。スタントマンとはまったく別物で、本番で撮影されたシーンに登場することはありません。それで最近、広瀬の影武者として頻繁に起用されているのが、女優の卵のAさんなんです」

 この“替え玉女優”はすぐに特定できた。芸能事務所に所属するAは20代前半。身長や肩幅はほとんど同じで、撮影スタッフも後ろ姿だけなら、本人と見間違うほどだという。

「以前のAさんは黒髪のロングヘアだったんです。何度も広瀬のCM現場に呼ばれるうちに、本人もその気になったのか、夏前に広瀬と同じ長さのショートボブにしたらウリふたつ。基本的にスタンドインは、顔までそっくりに似せる必要はないんですけどね(笑)」(前出・広告代理店関係者)

 実際、Aが自身のSNS上にアップした自撮り写真を確認すると、髪型だけではなく、顔の輪郭から大きな目、ポッテリとした肉厚な唇までもが“ウリふたつ”だった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
職場に絶対いてほしくない!藤本美貴のモー娘。時代の「エゴまる出し」発言がリーマンから総スカン
2
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
3
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
4
「チッ、うっせ~な!」スノーボード國母和宏のふんぞり返り暴言三昧/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
ついに「エース交代」を明言!阪神のローテ再編が意味する岡田監督の重大な意図とは