芸能

爆死上等!?香里奈が主演のフジ「10月新枠」ドラマの“攻めた”中身!

 香里奈がフジテレビ10月改編の目玉となる新枠「ブレイクマンデー24」の第一弾となるドラマの主役を務めることになった。同枠は、視聴率万年4位に定着して久しいフジが放つ深夜枠の目玉だ。同局初のメディアミックス作品で「SNSを中心に学校や職場で話題になる」コンテンツとして制作。地上波を軸にFOD、BS、CSと連携した編成を目指すという。

「この枠はドラマに限らず、バラエティーやリアリティショーなどジャンルを問わずに放送し、週初め月曜日は、週の活力になる企画をラインナップし、深夜だけに重いテーマは避け、軽く笑い飛ばせるものを重視しています。ですが、フレッシュな出演者を積極起用とうたっている割には、“爆死女優”の肩書がすっかり板についた香里奈を抜擢するとは…。いよいよフジのドラマに出演する女優がいなくなったということではないでしょうか」(テレビ誌記者)

 そのドラマ「アイ~私と彼女と人工知能~」は、香里奈にとって初の本格的コメディー。2週連続前後編(10月2日・9日)で放送される。香里奈が演じるのは、3年間男っ気のない理系オヤジ女子。地味で仕事もサッパリで、同居人である『同性とも異性とも夜の営みができる』モデル女性(池田エライザ)からカラダを狙われている。ある日、会社で開発中のAI(人工知能)のモニターを担当することになるが、そのAI、さわやかイケメン設定のはずが、男女の営み好きで、ドSキャラだったから大変──、といったストーリーだ。

「今年1月期の香里奈主演ドラマ『嫌われる勇気』(フジテレビ系)は初回8.1%でスタート、平均視聴率は6.49%。心理学者アルフレッドが唱えた『アドラー心理学』を原案とした刑事ドラマでしたが、『日本アドラー心理学会』が抗議文を公式サイトで発表するなど、ケチがつきました。どうも近年のフジは流行りモノに飛びついては、消化しきれずグダグダで終わってしまう傾向がありますね。今回も男女3人の三角関係ものを両性と夜の営みができる人だとか、AIを入れて描くことで、新味を出そうとしているがどうなることやら。言えるのは、香里奈が男女両方から迫られたり、言葉攻めされるなどのドM設定になっていること。ドS嗜好の男性にはウケそうですが、ヒロインに自己投影したいであろう同年代の女性視聴者は敬遠するんじゃないですか」(芸能ライター)

 あの恥ずかしい大股開き写真騒動から3年。名誉挽回する記念作になればいいのだが…。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”