社会

エイズ感染「九州激増」大パニック!(1)九州が危機的な状況に?

「エイズ感染九州で激増」福岡ソフトバンク・ホークスが2年ぶり優勝を決めた週明け、地元紙1面に驚愕の見出しが躍った。はたして、今なぜ「九州」なのか──。

 9月19日付の西日本新聞の1面を飾った調査報告は、九州男児にとってはまさに寝耳に水。祝賀ムードも吹っ飛ばす内容だった。記事によれば、2016年に福岡県で新規に報告されたHIV感染者は46人、同じくエイズ患者も46人、計92人の感染が認められたという。この数は過去最多のもので、前年比では実に161%という激増ぶりだという。また、近隣の佐賀県でも計9人、熊本県も計19人と過去最多を計上し、九州が危機的な状況にあると警鐘を鳴らしているのだ。しかも、感染ではなく、発症してから報告される「いきなりエイズ」の割合は全国的には約3割程度にとどまっているにもかかわらず、福岡県では半数の5割と突出していることも、エイズ感染の拡散脅威を感じさせる。

 この記事を受け、ネット上では即時に、

〈九州には同性愛者が多いからだ〉

〈地理的にアジアから来た感染者から広まった〉

〈九州を封鎖せよ!〉

 など、根拠不明や憶測まじりのさまざまな書き込みが行われ、さながら大パニックとなっているのである。

 この調査報告の数字について、感染症学が専門の中原英臣医学博士が説明する。

「数字だけでは本当に患者が増えているのか、それとも検査を受けている人が増えているだけなのか、ハッキリしません。ですが、感染者ではなく急に発病する人が増えているとなると、実際に病気が増えているのではないか。なぜ九州なのか原因はわかりませんが、局地的に流行が起こっている可能性はあります」

 これに対し、県内最多となる計63人という報告数を出した福岡市を直撃すると、保健福祉局健康医療部保健予防課の担当者が状況を説明する。

「実は、この1年前の15年の報告数は計27人とかなり少なかった。そのため、増加率がハネ上がったのです。つまり、一昨年にきちんと検査を受けておらず、昨年にいきなりエイズを発症したケースが数字に反映されたのではないかと見ています」

 はたして、“エイズ急増”は数字上だけのトリックなのだろうか‥‥。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!