芸能

乃木坂46生駒里奈に有吉弘行が「何ができるんだよ」毒舌でファン騒然!

 有吉としては通常運転のはずが、まさかの炎上事態!?

 9月25日放送の「有吉ゼミ」(日本テレビ系)に出演した乃木坂46・生駒里奈に番組MCの有吉弘行が毒舌を浴びせる一幕があり、乃木坂ファンの反感を買ってしまったようだ。番組ではゴルゴ松本や鈴木亜美、EXILE THE SECONDの黒木啓司、NESMITHらが激辛カレーに挑むVTRを放送。そのVTR終了後にスタジオでその様子を見ていた生駒は「唐辛子がダメなので今、胃が痛いです。見てるだけで胃が痛くて…」と、コメント。これを受け、MCの有吉は話を広げようと番組では大食いチャレンジ企画も目玉なこともあり、「よく食べそうじゃん、若いし! どう、量は?」と質問。生駒は「あんまり食べられない」と激辛も大食いもどちらもNGと返答した。と、有吉は「じゃあ何ができるんだお前は?」と、真顔で突っ込んだ。スタジオでは笑いが起こったが、生駒は有吉の指摘を真に受け、困惑した感じで苦笑いするしかなかった。

 そのため、ネット上では「有吉だってスタジオで辛口発言してるだけで、何もしていないのでは?」「乃木坂を悪く言うな」「じゃあ大食いと辛口が好きなメンバーをキャスティングすればよかったのでは?」と批判が集中する形となってしまった。

「有吉といえば、かつて、乃木坂の公式ライバルであるAKB48の冠番組『有吉AKB共和国』(TBS系・16年終了)で6年MCを務め、AKBメンバーたちを面白くイジった。毒舌で再ブレイクした有吉としてはその延長線上でイジっただけなのに、乃木坂ファンは驚いてしまったようです」(エンタメ誌ライター)

 が、今回のやりとりに対し「有吉に感謝すべき」との声もチラホラあった。

「『有吉AKB共和国』で見せたイジりの中には本来アイドルにぶつけるべきでないコメントもありましたが、そこで輝き、スポットが当たったメンバーもいるのは事実。番組開始当初は有吉のMCを嫌っていたAKBファンも次第にアンチは減り、いつしか暴言をファンたちも感謝していました。一方、清楚なイメージが強い乃木坂も、グループの冠番組でなく、外部の番組に出るとまだ静かな印象があります。共演者もその清楚イメージを守ろうとそう厳しくツッコむこともなかった。そんな中、有吉は乃木坂を特別扱いしなかったんですから、これを愛のムチととらえて頑張ってほしいと考えるファンもいるようですね」(アイドル誌ライター)

 女性グループアイドル界では頭一つ抜けている乃木坂だが、ゴールデンのバラエティ番組で見る姿はそれほど多くなく、最近やっと増え始めたのが現状。有吉の毒舌をサラリとかわせるようなバラエティ対応力を会得することも乃木坂メンバーにとっての今後の課題か?

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓流ドラマで主演俳優が逮捕!その事後対応に日本のテレビ局も大注目か
2
中居正広には退所を思い直させていた!ジャニー喜多川氏が託した「遺言」とは?
3
水上颯も「中絶トラブル発覚」で「東大ブームが終わる」テレビ界に深刻波紋!
4
NHK上原光紀、「桑子独立説」で次期エース候補も不安視される「誘惑ヒップ」!
5
広瀬アリス、スカウト時の“美少年ぶり”披露で掘り起こされた“封印中の兄”