芸能

米倉涼子「ドクターX」フェロモン裏現場(1)リハーサルの合間のストレッチ中に…

 視聴率女王と呼ばれる女優の米倉涼子(42)。主演の看板ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)は今秋も絶好調で、撮影現場では自慢のナマ脚で闊歩し、フェロモンをまき散らしている──。

 シリーズ5を迎えても初回から視聴率20.9%をマークし、3話までの平均が19.8%と、今秋のドラマではダントツの視聴率を誇っている「ドクターX」。まさに大門未知子の決めゼリフ「私、失敗しないので!」そのままだ。

 テレ朝関係者が撮影現場の様子を話す。

「ドラマ氷河期と言われ、視聴率15%を目指す中、第2話が19.6%、第3話19%と、他局を圧倒してズバ抜けており、彼女の表情はいつも明るいですね。先日も原守役の鈴木浩介と『最近見つけたおいしいお店はある?』なんてリラックスしていました」

 自信の表れは演技だけではなく、自慢の魅惑的なボディからもうかがえる。

「彼女はいつもナマ脚で撮影に臨んでいるんですが、アラフォーになっても自慢の美脚は健在です。外科医役なのでパンツルックも多いですけど、病院内を闊歩するシーンの白衣の下はいつもミニスカ。露出度満点です」(前出・テレ朝関係者)

 さらに、カンファレンス(会議)のシーンでは、周囲の男性陣をドキッとさせることもある。撮影スタッフが明かす。

「テレ朝内の大会議室を使って収録する時は、空調の音がうるさい関係で暖房を止めるんですが、早朝から撮影することもあり、冷え込みも厳しい。いつもナマ脚の米倉さんは、リハーサルの時はレッグウオーマーをつけているんですけど、その日は座っているシーンが長引いてしまって‥‥」

 米倉はリハーサルの合間に、前方のテーブルでストレッチを始めたという。

「スラッとした細い脚を前後に広げて、アキレス腱を伸ばすように太腿とふくらはぎの筋肉を入念にほぐしていたんですが、こちら側の位置や目線の角度によっては、短パンの脇から太腿の付け根部分の奥も見えてしまいそうで。慌てて視線をそらしたほどエロかったです(笑)」(前出・撮影スタッフ)

 米倉の太腿の魅惑ぶりはあちらこちらから聞こえてくる。スポーツ紙カメラマンがドヤ顔で語るには、

「今回の制作発表会見の席でもブルーのミニスカワンピースに白衣姿で登場し、バースツールに腰掛けると、細めの太腿に目を奪われましたね。時折、ハンカチを膝元に置くヤボなタレントもいますが、彼女はいつもオープンで、こちらの様子を楽しんでいるよう。『この前は(下着が)透けてるところまで撮っていただき、ありがとう』なんて会話をしてくるぐらいです(笑)」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
4
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
5
大島由香里、「耐え難いことがあった」離婚原因の吐露に見る小塚の“罪深さ”