芸能

綾瀬はるか、大河ドラマ撮影で本気モード

 来年1月放送開始のNHK大河ドラマ「八重の桜」で主演を務める女優・綾瀬はるか(27)。すっかり“本気モード”だというが、そのやる気が周囲を色めき立たせているというのである。

 大河関係者が打ち明ける。

「撮影は順調に進んでいますが、綾瀬さんはNHKサイドから『リアリティを出すために、しっかり着物を着こなしてほしい』とリクエストされていたんです。といっても、彼女はドラマ『JIN─仁─』(TBS系)でも着物を着用していたため、まったく抵抗がなく、ロケ地・会津でのプライベート中も着物姿で出歩くようになった。下着のラインを出さず完璧に着こなすため、地肌に直接まとっています。

 同ドラマで綾瀬は「幕末のジャンヌダルク」とも呼ばれた主人公・新島八重を演じるが、前作「平清盛」は大河史上最低となる7・8%という低視聴率を記録しただけに、文字どおり救世主の役割を期待されているのだ。

 それだけに綾瀬の役作りに対する意気込みは半端ではないのだろう。

「撮影2カ月ほど前から方言が吹き込まれたテープを繰り返し聴き、ロケ地での外食中にも現地の人たちと会津弁を使って会話するなど、今作に賭けるなみなみならぬ思いが伝わってきます」(芸能記者)

 そんな思いが高じて、冒頭のような生活にまでなったようである。

「着物の締めつけ感と下半身のスースーする感じが今では快感になっているそうです。そして女性スタッフに、『何も着けていないほうが気持ちいいの』と恥ずかしげに告白していたことが、男性スタッフや共演者の間にも伝わってしまった。着物越しに綾瀬さんを“透視”しようと、周囲の男性陣たちの視線は彼女のお尻や胸元へと注がれていますよ」(前出・大河関係者)

 ただでさえ綾瀬は、清純派には似つかわしくないFカップと言われるバストの持ち主だけに、男性陣がイキリ立っている様子が想像できる。

 そして今作に関しては、彼女が演技に集中してもらうためのプライベート管理もバッチリだという。

「たびたび共演者とのロマンスが噂となる綾瀬の夫役にオダギリジョー(36)を起用したのは、スキャンダル封じだと言われています。というのも、綾瀬とオダギリの妻・香椎由宇(25)が同じ事務所で、プライベートでも仲がいいんです。実際、2人の自宅に遊びに行く間柄で、そのためスキャンダルに発展する可能性も低いでしょう」(芸能プロ関係者)

 芸能評論家の三杉武氏が言う。

「かつてはグラドルとして水着でたわわなバストを武器にしていた彼女が、しっとりとした大人の女性に成長した。だからこそ放たれる、着物姿のフェロモンに期待したいですね」

 不退転の覚悟で挑む“平成のジャンヌダルク”の艶技に要注目だ。

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
2
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
3
人気女優「セレブ」と金欠くらべてみました(1)石原さとみは“リアル高嶺の花”
4
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
5
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?