芸能

二階堂ふみ ついにあの姿が!新作映画を最速上映(1)映画ライターが興奮したそのシーン

 若手女優として人気・実力・実績の三拍子そろった二階堂ふみ。これまでキワドイシーンに臨み、艶かしい姿を披露しても、バストトップだけは開示を拒んできたが‥‥。今回、最新映画で魅せたまさかの姿を最速キャッチ。豊満なボディを見せつけた覚悟のシーンをスクープ上映しよう。

「物語の中盤でいきなりベッドシーンが始まり、試写室がざわめきました。周りからは生ツバを飲み込む音が聞こえ、思わず前のめりになってしまうほど目が離せなかったですね」

 試写を見た映画ライターが興奮を隠さずにこう語るのは、来年2月に全国ロードショーを予定している「リバーズ・エッジ」(キノフィルムズ)。この作品で主演した二階堂ふみ(23)が、全裸濡れ場と「初乳首」をお披露目しているのだ。

 原作は漫画家・岡崎京子による同名コミックで、1993年から翌年にかけて女性ファッション誌「CUTiE」(宝島社)で連載されて単行本化。若者層を中心に絶大な人気を集め、長らく実写映画化が期待されていた作品だ。

 メガホンをとるのは、「世界の中心で、愛をさけぶ」(04年、東宝)や「ナラタージュ」(17年、東宝/アスミック・エース)など、ヒットメーカーとして知られる行定勲監督(49)。

 時はバブルがはじけたあとの90年代、二階堂が演じる高校生の主人公・若草ハルナは、母親と団地で2人暮らしの身。同じクラスには彼氏の観音崎(上杉柊平)がいて、これといって生活に不満はなかったが、モヤモヤとした焦燥感を抱いていた。そんなある日、観音崎にイジメられていたクラスメイトの山田一郎(吉沢亮)を助けたハルナ。この出来事をきっかけに、山田から「ある秘密」を打ち明けられ、それぞれの青春ストーリーが急展開を見せていく。

 冒頭の映画ライターの証言をもとに、二階堂の衝撃的な濡れ場を再現してみよう──。

 日常の悩みや葛藤に心が揺れる若者たちの姿が描かれる中、突然、場面は昭和を感じさせる古びたラブホテルの室内に変わる。

 男の乱れた呼吸が聞こえ、カメラは少し離れた位置から近づいていく。二階堂の恋人役である上杉の背後に迫ると、正常位で何度も腰を動かしているのがわかる。

 カメラがベッドの横に移動し、二階堂の横顔がアップになった。特にアエギ声を漏らすこともなく、そしてエクスタシーを感じている様子もなく、ただただ男の行為をぼんやりと眺めながら、受け入れているように見える。

 カメラが足元の位置まで下がると、上杉の左腕と横腹の間から二階堂の裸体が映り、ピンと立った乳頭があらわになった。

 上杉は絶頂に達したのか、何度も名前を連呼しながら二階堂に抱きついた。

「‥‥あっ!」

 急に声を上げて、上杉をどかしてベッドから降りる二階堂。何も羽織らずに歩きだし、ツヤツヤした肉厚のナマ尻がスクリーンに映し出される。

 そしてファン垂涎の大サービスカットは次の瞬間に訪れた。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
2
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
3
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
4
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
5
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ