エンタメ

映画「ゴールデンカムイ」に原作ファンの「違うだろ!」が渦巻いた「違和感」の正体

 シリーズ累計2500万部超えの大ヒット漫画「ゴールデンカムイ」。日露戦争終結直後となる明治末期の北海道・樺太を舞台に、豪傑たちが埋蔵金争奪戦を繰り広げるサバイバル作品だ。

「金カム」の愛称で絶大な人気を誇る同作は、昨年4月に実写映画化を発表。主人公の杉元佐一を山崎賢人、ヒロイン・アシリパを山田杏奈、鶴見篤四郎を玉木宏が務め、舘ひろし、前田郷敦、高畑充希と豪華俳優陣がキャスティングされている。

 2024年1月19日の公開が近づく中、同作の公式サイトでは新情報を立て続けに発表。人気ロックバンドACIDMANが主題歌を担当することも明らかになった。映画業界の期待も絶大だ。

「非公表ながら制作費は20億円に迫るといわれ、近年公開の邦画では最もスケールの大きな作品。世界展開に加え、今後のシリーズ化も予定していて『絶対にコケられない超大作』です」(映画関係者)

 ところが、である。なんと原作ファンからは、不安の声が噴出しているというのだ。この映画関係者が言うには、

「11月29日に最新トレーラーが公開されたのですが、この映像について原作のファンであるXの一般ユーザーから『リアリティーが感じられない』との指摘が相次ぎました。『一気に不安になった』との声がどんどん上がっているんです。その多くが、登場人物の外見に関するものですね。戦争帰りの軍人や雪山で狩りをする人なのに服が新品にしか見えない、真っ白な衣装が汚れていないのはおかしい、といったもののほかに『歯が綺麗すぎて違和感がある』との指摘も散見されます。客入りに影響が出なければいいのですが…」

 名作漫画のプライドに懸けて、不穏な前評判を覆すことができるか。

(川瀬大輔)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
4
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道