芸能

広瀬すず?新垣結衣?宮沢りえ、たとえ方で今も盛り上がる「Santa Feの衝撃」

 12月1日放送の「ぴったんこカン・カン」(TBS系)にゲスト出演した宮沢りえ。現在44歳の宮沢が18歳の時に発売された伝説の写真集「Santa Fe」について語った。

 番組MCの安住紳一郎アナが宮沢と同い年ということもあり、発売された当時のことを「高校2年生の時、学校に行ったら大騒ぎでびっくりしましたよ!衝撃でした」と告白。写真集の販売告知は、宮沢の一糸もまとわぬ姿とともに読売新聞や朝日新聞の全面広告に掲載。宮沢は、全面広告に生まれたままの姿が掲載されることは事前に知っていたが、掲載当日はロケで日本にいなかったと説明。ロケから帰宅すると「当時は携帯(電話)がなかったので、家の留守番電話が50件を超えていた」と振り返った。

「11歳で『週刊Seventeen』のモデルとして芸能界デビューし、14歳の時に『三井のリハウス』CMで初代リハウスガール・白鳥麗子を演じて大注目を集め、宮沢は一躍トップアイドルとなりました。17歳の時にはふんどし姿のカレンダーを出して大反響となり、その翌年に出したのが『Santa Fe』でした。しかし、当時の宮沢がどれくらいカリスマ性があり、美しく健康的で稀有なアイドルだったかを知らないアラフォー以下の人々には『Santa Fe』の破壊力が伝わらないようですね。会社や学校などでは『今だったら広瀬すずが出す感じ?』『それとも新垣結衣?』といった質問をされたことがある40代以上の人が少なからずいるそうです」(広告代理店社員)

 かなわぬ夢かもしれないが、このお2人のうちのどちらかでいいので、ぜひとも現在の若者にも衝撃を与えるべく、一糸まとわぬ姿を見せてほしいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
4
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
5
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由