芸能

「THE W」優勝・ゆりやんの原動力は「人間扱いも拒否」のイジメ被害過去!

 12月10日に一番面白い女性芸人を決める「女芸人No.1決定戦 THE W」の決勝戦(日本テレビ系で放送)で、みごと初代チャンピオンに輝いたゆりやんレトリィバァ。出場した636組の頂点に立ち、優勝賞金1000万円を獲得したが、大会直前の12月3日放送の「誰だって波瀾爆笑」(日本テレビ系)で、中学時代のイジメ体験を明かしていた。

「彼女は中学2年までイジメっ子の一人で、同級生に対して悪口を言っていたのですが、中3になってから突然イジメられるようになったそうです。仲間外れはもちろん、男子には机の中の物を窓から投げられたりもしたとか」(芸能ライター)

 当時は「中学が世界のすべて」だったというゆりやん。本当に毎日がイヤだったという。

「それでもゆりやんがすごいのは、そんな中でもテニス部のキャプテンにみずから立候補したことです。姉がもともとキャプテンをやっていたということもあり、それにあこがれて彼女も手をあげたそうです」(前出・芸能ライター)

 ただ、誰からも信任を得ていなかっただけに、彼女を頼る部員が一人もいなかったという。

「そんなある日、ゆりやんがテニス部の部室に入ろうとすると、そのドアの前に『人間以外は入れません』という張り紙が貼られていたそうです。つまり彼女はキャプテンどころか、人間ではないかのような言われ方までされていたというんです。そればかりではなく、グラウンドのトラックを走ろうとしても、誰もついてこなかったり、練習後、あたりに転がるテニスボールを『片付けて』と部員に指示すると、そのボールを一斉にぶつけられるなどひどい仕打ちを受けたそうです」(前出・芸能ライター)

 そんな壮絶な少女時代を経て今や売れっ子芸人となったゆりやん。「お笑い芸人になって見返してやる」という覚悟もあったようだ。ちなみに森三中の大島美幸も同じようにイジメ体験を明かしているが、いずれもそうした辛い体験が逆に生きる原動力になった良い例だろう。子どもの時期より、大人のほうが長い人生。現在イジメられている子も、ゆりやんや大島のように、あきらめずに生きてほしいと切に願いたい。

(魚住新司)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
4
NHK桑子真帆は「コンバート」も鉄壁守備不変!女子アナ「仁義なき契約更改」
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性