芸能

「THE W」優勝・ゆりやんの原動力は「人間扱いも拒否」のイジメ被害過去!

 12月10日に一番面白い女性芸人を決める「女芸人No.1決定戦 THE W」の決勝戦(日本テレビ系で放送)で、みごと初代チャンピオンに輝いたゆりやんレトリィバァ。出場した636組の頂点に立ち、優勝賞金1000万円を獲得したが、大会直前の12月3日放送の「誰だって波瀾爆笑」(日本テレビ系)で、中学時代のイジメ体験を明かしていた。

「彼女は中学2年までイジメっ子の一人で、同級生に対して悪口を言っていたのですが、中3になってから突然イジメられるようになったそうです。仲間外れはもちろん、男子には机の中の物を窓から投げられたりもしたとか」(芸能ライター)

 当時は「中学が世界のすべて」だったというゆりやん。本当に毎日がイヤだったという。

「それでもゆりやんがすごいのは、そんな中でもテニス部のキャプテンにみずから立候補したことです。姉がもともとキャプテンをやっていたということもあり、それにあこがれて彼女も手をあげたそうです」(前出・芸能ライター)

 ただ、誰からも信任を得ていなかっただけに、彼女を頼る部員が一人もいなかったという。

「そんなある日、ゆりやんがテニス部の部室に入ろうとすると、そのドアの前に『人間以外は入れません』という張り紙が貼られていたそうです。つまり彼女はキャプテンどころか、人間ではないかのような言われ方までされていたというんです。そればかりではなく、グラウンドのトラックを走ろうとしても、誰もついてこなかったり、練習後、あたりに転がるテニスボールを『片付けて』と部員に指示すると、そのボールを一斉にぶつけられるなどひどい仕打ちを受けたそうです」(前出・芸能ライター)

 そんな壮絶な少女時代を経て今や売れっ子芸人となったゆりやん。「お笑い芸人になって見返してやる」という覚悟もあったようだ。ちなみに森三中の大島美幸も同じようにイジメ体験を明かしているが、いずれもそうした辛い体験が逆に生きる原動力になった良い例だろう。子どもの時期より、大人のほうが長い人生。現在イジメられている子も、ゆりやんや大島のように、あきらめずに生きてほしいと切に願いたい。

(魚住新司)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
女芸人からも批判!芸能界で“反・松本人志連合”拡大の動きが
2
亀梨和也も寝耳に水?深田恭子の新恋人報道に「激怒した」ジャニーズ事務所
3
2019年「平成後」の大異変<地震・災害編>「南海トラフ大地震」で太平洋側横断「47万人被害」
4
まさかの自粛モード?「水曜日のダウンタウン」がつまらなかった説!
5
あの日にシテる?アンゴラ村長が夜の営みを明かし始めた裏事情