芸能

古市憲寿、橋下徹に明かした結婚観に「性格の歪みがスゴい」一斉拒絶反応!

 独特の政治論などでも有名な若手の社会学者・古市憲寿氏に、視聴者が一斉ドン引き。拒絶反応を起こさせてしまった?

 原因は、古市氏のあまりに極端な結婚観。古市氏は7日、「橋下徹の即リプ!」(Abema TV)に出演し、橋下とトークを繰り広げたのだが、視聴者から寄せられた「橋下さんは、人生やり直しても奥さんと結婚したいですか?」というストレートな質問が火種に。この質問に橋下は「今、妻と子どもがみんな見てるから…。妻が見てなかったとしても、妻しかありません。高校時代から好きで、かれこれ30年ですもん」と、ツッコみどころ満載だが、無難な発言で切り抜けた。

 ところが、そんな橋下の“大人対応”を受け、古市氏が「人生100年と言われている時代に、結婚1回だけって無理。むしろ離婚するのが当たり前なんじゃないですか」と始めたから、さあ大変。そして、次のひと言に多くの視聴者を仰天させてしまった。

「だって気持ち悪くないですか?同じ人を70年とか愛し続けるって。そんなのあるの?」

 続けて、古市氏は結婚をしたいわけでもしたくないわけでもない心情を語りつつ、さらに「結婚したら同じマンションでもいいけど。別の部屋がいい。さすがに玄関は分けたい。家に帰った時に誰かいるって気持ち悪くないですか?えっ!て思っちゃう。誰か(家で)待ってるって…」と、世の既婚者たちが耳を疑うようなコメントをいつもの調子でしゃべりまくったのだ。

 これには橋下も苦笑いしつつ「やっぱり結婚はいいよ。今は一人でやって、すべてうまくいってるから…」とフォロー。しかし、視聴者の拒絶反応を解くまでには至らなかったようで、「性格のゆがみっぷりがスゴい」「本気で人を好きになったことがないんですね」「お前のほうが気持ち悪い」「自分を肯定するのに極論しか言えないのはバカなのかも」「70歳になった時に自分が間違っていたことを知る気の毒な人」「孤独死して周りに迷惑かけないでくださいね(笑)」と、ネット上は拒否反応で埋め尽くされた。古市氏は現在32歳。「70年」の半分も生きていない“青年”がイキがるのも仕方ないかもしれない?

(小机かをる)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
3
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇
4
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!
5
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…