芸能

斉藤由貴 あの騒動から吹っ切れた「焼け太り」生活

「17年8月発売の『週刊文春』で医師との不貞が報じられて以降、周囲に『消えていなくなりたい‥‥』と漏らし、みずから仕事を断っていた斉藤由貴(51)ですが、出演映画の舞台挨拶に顔を出すなど、本格復帰は近いでしょうね」(芸能記者)

 そんな斉藤の近況を探るべく、まずは行きつけにしている横浜中華街の中華料理店を訪れると、店内には食事を楽しむ斉藤の両親の姿があった。

「もともとはご両親がひいきにしていたことで、斉藤さんも常連になったんです。騒動の直後、なかなか外出できない斉藤さんに代わって、お父様がこの店で焼きそばやエビチリをテイクアウトして差し入れしたそうです」(店の関係者)

 こうした家族のサポートもあって、斉藤の体にもある変化が見られたという。

「“焼け太り”と言っては失礼かもしれませんが、しばらく外出を控えていたこともあって、ふくよかになりましたね。おっぱいのボリュームもアップして、歩くたびにボヨンボヨンと音が聞こえそうなほど」(芸能関係者)

 斉藤の「ふっくら素顔」を拝もうと自宅を訪ねたが、ガレージは空っぽで、どうやら留守のようだった。

 続いて向かったのは、斉藤の不倫相手とされ、「FLASH」(9月12日号)に「パンツかぶり写真」が掲載されたA医師が営むクリニック。インフルエンザの予防接種を申請して、院内に“潜入”すると、待合室は若い女性や親子連れでにぎわいを見せていた。

「Aさんは人当たりがよくて、特に子供たちの受けがいい。地域のママさんからも頼りにされていますよ。ネットで病院の存在を知って、『どんな人なんだろう』と、好奇心で訪れる女性患者さんも増えているようです」(地元住民)

 待合室の本棚に、因縁深い「週刊文春」が置かれていたのは吹っ切れたことの証明だろうか。受付のスタッフに名前を呼ばれて診察室に入る。

「大繁盛してますね」

 こう声をかけると、さわやかな笑顔で応えるA医師。第一印象は紳士的なイケメンだ。とても斉藤のパンツをかぶったハレンチ男とは思えない。

 A医師は慣れた手つきで注射器を取り出す。注射嫌いの記者が顔を引きつらせると、

「大丈夫、大丈夫」

 子供をあやすように、ワクチンを注入する。ようやく注射針が抜かれたタイミングで、名刺を差し出して身分を明かしたところ、

「(取材は)ダメですよ~(笑)。ノーコメントです」

 余裕の対応には、斉藤のおっぱい同様、捲土重来のオーラがにじみ出ていた。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
2
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察
5
「ドジャースVSパドレス」韓国開幕戦で「山本由伸先発」が決まったのは巨額放映権料の特権