芸能

斉藤由貴 あの騒動から吹っ切れた「焼け太り」生活

「17年8月発売の『週刊文春』で医師との不貞が報じられて以降、周囲に『消えていなくなりたい‥‥』と漏らし、みずから仕事を断っていた斉藤由貴(51)ですが、出演映画の舞台挨拶に顔を出すなど、本格復帰は近いでしょうね」(芸能記者)

 そんな斉藤の近況を探るべく、まずは行きつけにしている横浜中華街の中華料理店を訪れると、店内には食事を楽しむ斉藤の両親の姿があった。

「もともとはご両親がひいきにしていたことで、斉藤さんも常連になったんです。騒動の直後、なかなか外出できない斉藤さんに代わって、お父様がこの店で焼きそばやエビチリをテイクアウトして差し入れしたそうです」(店の関係者)

 こうした家族のサポートもあって、斉藤の体にもある変化が見られたという。

「“焼け太り”と言っては失礼かもしれませんが、しばらく外出を控えていたこともあって、ふくよかになりましたね。おっぱいのボリュームもアップして、歩くたびにボヨンボヨンと音が聞こえそうなほど」(芸能関係者)

 斉藤の「ふっくら素顔」を拝もうと自宅を訪ねたが、ガレージは空っぽで、どうやら留守のようだった。

 続いて向かったのは、斉藤の不倫相手とされ、「FLASH」(9月12日号)に「パンツかぶり写真」が掲載されたA医師が営むクリニック。インフルエンザの予防接種を申請して、院内に“潜入”すると、待合室は若い女性や親子連れでにぎわいを見せていた。

「Aさんは人当たりがよくて、特に子供たちの受けがいい。地域のママさんからも頼りにされていますよ。ネットで病院の存在を知って、『どんな人なんだろう』と、好奇心で訪れる女性患者さんも増えているようです」(地元住民)

 待合室の本棚に、因縁深い「週刊文春」が置かれていたのは吹っ切れたことの証明だろうか。受付のスタッフに名前を呼ばれて診察室に入る。

「大繁盛してますね」

 こう声をかけると、さわやかな笑顔で応えるA医師。第一印象は紳士的なイケメンだ。とても斉藤のパンツをかぶったハレンチ男とは思えない。

 A医師は慣れた手つきで注射器を取り出す。注射嫌いの記者が顔を引きつらせると、

「大丈夫、大丈夫」

 子供をあやすように、ワクチンを注入する。ようやく注射針が抜かれたタイミングで、名刺を差し出して身分を明かしたところ、

「(取材は)ダメですよ~(笑)。ノーコメントです」

 余裕の対応には、斉藤のおっぱい同様、捲土重来のオーラがにじみ出ていた。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
2
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
3
ショックだった?浜辺美波、「熱愛」直後の収録で起こった“共演者の異変”!
4
沢口靖子「科捜研の女」“打ち切り”報道で密かに喜ぶ人の「意外な理由」
5
氷川きよし、「性別を超えたスタイルと魅力」を炸裂させ続けた“激動2年半”