芸能

弘兼憲史×蛭子能収「人生は70歳からが最高だ」(2)今まで競艇に1億円もつぎこんだ!?

弘兼 蛭子さんの趣味といえばギャンブルですが、いつから始めたんですか。

蛭子 子供の頃から好きで、駄菓子のくじ引きにハマッていました。駄菓子屋のくじって、売っている人だけがわかるように、当たりには印みたいのが付いているんですよ。

弘兼 そうなんですか。

蛭子 それに気がついて、当たりばっかり引いていたら、おばさんに「よっちゃん、来ないで」って注意されて。

弘兼 出入り禁止(笑)。

蛭子 そんな子供でした。

弘兼 今は何を?

蛭子 競艇ですね。

弘兼 僕はギャンブルはやらないんですけど、誰が勝つとか、わかるんですか。

蛭子 いやあ~。それがわかっていれば負けてないですよ、ウフフ。

弘兼 蛭子さんは堅実に賭けるタイプ?

蛭子 いや、一発ドーンと当てにいきますね。堅いところに賭けていればトントンで終わると思うんですけど、穴っぽいところを狙ってしまうんです。

弘兼 今まで競艇にどれくらいつぎこみましたか。

蛭子 1億円は超えているかもしれないですねぇ。

弘兼 ええっ!? いちばん勝った時は?

蛭子 80万円くらい。100万円はまだないですね。

弘兼 競艇や競輪って難しそうじゃないですか。競馬は血統やデータから考えるんですけど、「競輪や競艇は選手の私生活まで考える必要がある」って知り合いが言うんですよ。「この選手は奥さんと離婚したばかり」とか。そういうのを調べるのが面倒くさくって。

蛭子 弘兼さんは、麻雀は好きですか。

弘兼 学生時代は麻雀にハマッていまして、今も仲間とやっています。賭けるとまずいから会費制で。

蛭子 厳しいですからね。俺も賭け麻雀で捕まってからはやってません(笑)。

弘兼 麻雀は、頭を使うじゃないですか。相手の性格とか考えながらやるのはおもしろいですよね。

蛭子 そうそう。だから、早く法律を変えて正々堂々と賭けられるようにしてほしいんですよ。

弘兼 アハハハハ。ギャンブル以外の趣味は?

蛭子 映画鑑賞ですかね。

弘兼 映画監督になろうと思ったことはないですか。

蛭子 ありますよ。実は監督もしたことがあるんです。

弘兼 すごいですね。

蛭子 「諌山節考」っていう小さな映画ですけど。

弘兼 監督する時って、俳優さんに指示を出さないといけないじゃないですか。

蛭子 俺は強く言えないんで、言うことを聞いてくれそうな役者さんを選ぶんです。

弘兼 僕も「黄昏流星群」の朗読劇を作った時、演技指導で声優さんに「こういう言い方をしてほしい」と指示したんです。「それいけ!アンパンマン」のばいきんまん役の声優・中尾隆聖さんとか、超一流の方々にお願いしたんですが、映画監督になった気分でうれしかったですね。

蛭子 それはすごいなぁ、俺はそういうの、本当に苦手で。

弘兼憲史(ひろかね・けんし) 1947年山口県生まれ。早稲田大学法学部卒業後、松下電器産業(現パナソニック)勤務を経たのち、74年に「風薫る」で漫画家デビュー。「人間交差点」で小学館漫画賞、「課長島耕作」で講談社漫画賞、「黄昏流星群」で文化庁メディア芸術祭優秀賞と日本漫画家協会賞大賞を受賞。07年には紫綬褒章を受章。現在、「島耕作シリーズ」や「黄昏流星群」を連載中。

蛭子能収(えびす・よしかず) 1947年長崎県生まれ。高校卒業後、看板店、ダスキン配達などの職業を経て33歳で漫画家デビュー。現在、俳優、タレントとしても活躍。主な著書に「正直エビス」「ひとりぼっちを笑うな」「蛭子の論語」など。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
2
西武「史上最速で自力V消滅」「借金20でアウト」松井稼頭央監督と平石洋介ヘッドコーチ「セットで退場」Xデー
3
「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」
4
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
5
テレ朝・斎藤ちはるがラグビー日本体表・姫野和樹とカメラも気にせず寄り添って…