芸能

「クソ野郎はメリーさん」太田光の衝撃発言に草なぎ剛も緊迫!?

 2月22日発売の「週刊文春」が、元SMAP・草なぎ剛が出演するオムニバス映画「クソ野郎と美しき世界」(4月6日公開予定)の一篇「光へ、航る」の制作会見の様子を伝えた。4つのストーリーからなる同映画では爆笑問題の太田光が同篇の監督を務めている。

「記事によると太田は会見で、『(監督の)話が来た時は、ほうぼうに断られてオレのところに来たのかなと思った』と率直な心境を吐露。そして元SMAPメンバーに対しては『この人たちにかかわるの怖い人たち、いっぱいいるから』と、昨今のジャニーズ事務所に対する芸能界の忖度を匂わせる発言をしたそうです」(芸能記者)

 その太田は、ジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長が「飯島を呼べ!」と叫んだシーンを再現。かつて「週刊文春」のメリー氏独占インタビューにて報じられたもので、メリー氏が元SMAPマネージャーの飯島三智氏を叱責した有名なエピソードだ。これには会場も沸いていたようだが、別の発言では会場が微妙な空気になったという。

「映画のタイトルに絡めて記者から『“クソ野郎”のイメージは?』との質問が飛ぶと、太田は『メリーさん…とか言っちゃダメだよね』と発言。ここで会場が凍り付いたため、すかさず『冗談ですよ!』とみずからフォローし、隣にいた草なぎも『(相方の)田中さんいませんからね』と制したのだそうです。しかも『日刊ゲンダイ』によると、この発言がジャニーズ側の耳に入り、ひと悶着あったのだとか。ネットの一部では太田とジャニーズの共演がNGになるのではと心配する声も飛び交っています」(前出・芸能記者)

 草なぎも口にした通り、普段はストッパー役を務める相方の田中裕二がいなかったことで、太田は暴走してしまったのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
原監督が10年越しで“約束”を果たした「あのFA左腕」入団の裏側
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス