芸能

「なぜハワイ語?」「草冠が多すぎ」木下優樹菜の次女命名に冷めた視線が…

20151113kinoshita

 11月3日に第2子となる女児を出産したタレントの木下優樹菜が10日、インスタグラムで「茉叶菜(まかな)」と命名したことを発表した。

「FUJIWARA・藤本敏史が名付け本を読み漁って考えたそうです。木下によると、ハワイ語で『大切な贈り物』という意味で、長女・莉々菜(りりな)ちゃんと合わせた時に「茉莉花(ジャスミン)になる隠れた意味もあるとか。花言葉に『愛らしさ』『清純』『素直』『気立てのよさ』などがあることも紹介していました」(芸能ライター)

 昨今、芸能界ではこのハワイ系ネームがひそかなブームになりつつあるという。

「元ダンサーで歌手・浜崎あゆみの元彼としても知られる内山麿我は、10月に第1子の女児に『愛音來(アネラ)』と名付けたことを報告。ハワイ語で“天使”の意味を持つそうです。同じく10月に第1子女児を出産したタレントのはしのえみもハワイ語で“家族”や“心の絆”という意味の『おはな』と命名したことを発表しています」(前出・芸能ライター)

 そこに木下の娘もハワイ語の名前となったため、ネット上では、一躍“ハワイ系”が注目を浴びることとなった。

 しかし、その多くは「子供からしたらハワイとかどーでも良すぎる」「ハワイはいいところだとは思うけど、遊びに行ったことがある程度で子供の名前にするのが不思議」「何で芸能人はハワイにこだわるんだ? ここは日本だぞ」などと、ハワイと何の縁もない人たちが使用することに、ネット上では違和感を覚える声が多数。「ハワイがおしゃれ」と捉える芸能人に冷めた視線が送られているようだ。

 木下の次女については、「草冠が3つは多すぎ! 藤本だから画数多くて書くの大変だろうな」といった心配の声まであがっているが、名付けた親たちからすれば大きなお世話といったところだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    あなたも結婚できる!“人の手”にこだわった紹介サービスって?

    Sponsored
    52075

    話題の“こじらせ男子”というワケではない。40歳を過ぎてからというもの、職場でもそれなりの責任を任される立場にもなったし、性格だって明朗快活。それなのにナゼ、自分はこれまで結婚に縁がなかったんだろうか?旧友の「結婚しました!」という連絡を聞…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出張についてのアンケート

    Sponsored
    81003

    いつもアサ芸プラスをご愛読いただきありがとうございます。アサ芸プラスでは、今後出張に関する情報を提供させていただくにあたり、ユーザーの方の興味関心をアンケートでとらせていただいております。簡単な内容ですのでご協力よろしくお願いします。ご協力…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    秋津壽男“どっち?”の健康学「夜中、頻繁に目覚めるのは危険?不整脈や動脈硬化を合併する可能性」

    83505

    「あなた、またなの?」で始まるテレビコマーシャルを目にしたことがないでしょうか。夜中、頻繁に目が覚める旦那さんに対して、横で寝ている奥さんが声をかける内容です。同じ布団で寝ているパートナーが頻繁に起きると「いいかげんにしてよ」と言いたくなり…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤江梨子が海老蔵と結婚できなかった、市川家必須の「妻の条件」が凄すぎる
2
元SMAP・森且行が「パチンコ化」で「大損覚悟で打ちに行く」ファン熱狂!
3
スポンサーに怒られる!?本田翼が人気紀行番組でまさかの“失言”
4
ローラ、ネット民が「バストの先の“茶色い部分”が見えた」と大騒ぎ!
5
「陰口をいう人」ASKAが以前の仲間を痛烈批判、相手はやはりあの人!?