スポーツ

これを知らなきゃ馬券は取れない特捜”裏”データ「ノーザン天国はまだまだ続く」

20151112p

 さらに、新種牡馬を狙い撃ちといきたい。7勝を上げて新種牡馬ランキングの第1位にいるカジノドライヴだ。どの馬も馬体がたくましいうえに、スピードとパワーを兼ね備えているところが魅力。父マインシャフトが数多くのGI勝利馬を送り出しているように、血統面でも信頼度は高い。

「ダート戦に出てくるとそこそこ人気にはなりますが、狙わない手はないでしょう」(スポーツ紙レース部デスク)

 さて、今の競馬は社台グループが席捲していると言っていい状況だが、その中でも断トツの存在なのがノーザンファームである。現在、昨年の104億円を上回るペースで賞金獲得額を積み上げており、ノーザン王国はさらに強固になってきた印象だ。これは裏を返せば、ノーザンの馬を買っていれば的中率が上がるということ。ノーザン系のクラブ会員の一人はこんなことを言う。

「競馬評論家があれこれデータを持ち出して予想しているのを聞いていると、ひと言言いたくもなってくる。黙ってノーザンの馬を推していたら、もっと予想が当たるのに。そうしている僕らのほうが、絶対に的中率が高いと思っていますから」

 ノーザンのすごいところは、牧場(馬)のためにいいと思ったことはすぐに着手し、実行に移すこと。それはとりもなおさず、日本の競馬を衰退させないことに対する意欲でもある。厩舎関係者が言う。

「最近では、名門トウショウ牧場の廃業に伴い、そこから当歳馬21頭とスイープトウショウ、シーイズトウショウなどの繁殖牝馬を買い入れています」

 解散したメジロ牧場の元専務・岩崎伸道氏が立ち上げたレイクヴィラファームに援助の手(技術面から販売に至るまで)を差し伸べ、メジロ牧場の貴重な遺産を消滅させなかったことも知られた話だ。

「レイクヴィラファームがすぐに軌道に乗ることができたのは、ノーザンファームの吉田勝己代表が、レイクヴィラの生産馬をノーザン系のクラブに出してやったことが大きい。メジロにいた繁殖牝馬は優秀だから、会員さんにも喜ばれましたよ。それに応えてレイクヴィラ出身馬の多くは好成績を上げています。恐らくトウショウ牧場から来た馬もいい値段で売れて、走ることでしょう。育成のしっかりしているノーザンファームなら、それが可能です。馬が売れていくかぎり、ノーザンの天下が続いていくことは間違いないでしょう」(競馬ライター・兜志郎氏)

 競馬ファンの健闘を祈る。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
2
小百合様も登場、日本の芸能史を飾った「バスト大事件」とは?
3
水卜麻美がリバウンド?「ニットが小さ過ぎ!」Gカップへのボリューム増
4
「思い上がるな!」東出昌大の奔放生活に激怒した上沼恵美子への称賛
5
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”