スポーツ

これを知らなきゃ馬券は取れない特捜”裏”データ「ノーザン天国はまだまだ続く」

20151112p

 さらに、新種牡馬を狙い撃ちといきたい。7勝を上げて新種牡馬ランキングの第1位にいるカジノドライヴだ。どの馬も馬体がたくましいうえに、スピードとパワーを兼ね備えているところが魅力。父マインシャフトが数多くのGI勝利馬を送り出しているように、血統面でも信頼度は高い。

「ダート戦に出てくるとそこそこ人気にはなりますが、狙わない手はないでしょう」(スポーツ紙レース部デスク)

 さて、今の競馬は社台グループが席捲していると言っていい状況だが、その中でも断トツの存在なのがノーザンファームである。現在、昨年の104億円を上回るペースで賞金獲得額を積み上げており、ノーザン王国はさらに強固になってきた印象だ。これは裏を返せば、ノーザンの馬を買っていれば的中率が上がるということ。ノーザン系のクラブ会員の一人はこんなことを言う。

「競馬評論家があれこれデータを持ち出して予想しているのを聞いていると、ひと言言いたくもなってくる。黙ってノーザンの馬を推していたら、もっと予想が当たるのに。そうしている僕らのほうが、絶対に的中率が高いと思っていますから」

 ノーザンのすごいところは、牧場(馬)のためにいいと思ったことはすぐに着手し、実行に移すこと。それはとりもなおさず、日本の競馬を衰退させないことに対する意欲でもある。厩舎関係者が言う。

「最近では、名門トウショウ牧場の廃業に伴い、そこから当歳馬21頭とスイープトウショウ、シーイズトウショウなどの繁殖牝馬を買い入れています」

 解散したメジロ牧場の元専務・岩崎伸道氏が立ち上げたレイクヴィラファームに援助の手(技術面から販売に至るまで)を差し伸べ、メジロ牧場の貴重な遺産を消滅させなかったことも知られた話だ。

「レイクヴィラファームがすぐに軌道に乗ることができたのは、ノーザンファームの吉田勝己代表が、レイクヴィラの生産馬をノーザン系のクラブに出してやったことが大きい。メジロにいた繁殖牝馬は優秀だから、会員さんにも喜ばれましたよ。それに応えてレイクヴィラ出身馬の多くは好成績を上げています。恐らくトウショウ牧場から来た馬もいい値段で売れて、走ることでしょう。育成のしっかりしているノーザンファームなら、それが可能です。馬が売れていくかぎり、ノーザンの天下が続いていくことは間違いないでしょう」(競馬ライター・兜志郎氏)

 競馬ファンの健闘を祈る。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
4
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
5
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」