オウム残党「首都圏にサティアン建設」戦慄実態(1)

 特別手配犯3人の逮捕により、オウム真理教が引き起こした数々の凶悪事件はいちおうの終息を見たかに思えた。だが解体したはずのオウムはさまざまに細胞分裂し、今なお「教祖・麻原」を崇拝する危険集団として、日本中で生き長らえていた。いや、むしろその活動は激しく活発化し、再び悪夢をもたらす予兆が見えているのだ。

窓からゴキブリを投げ捨てる

 オウム真理教が地下鉄サリン事件を起こしたのは95年3月。その7カ月後、東京地裁からは解散命令が出されたが、オウムは挑発的に活動を継続した。そして00年、教団は破産し、オウムを母体とした宗教団体「アレフ」が設立された。対外的には、オウムとは無関係とうたっているが、

「実態はオウムそのもの。今も麻原彰晃死刑囚(57)を教祖として信仰し、出家信者のほとんどと在家信者の半数が、地下鉄サリン事件以前に入信した信者です」(公安関係者)

 公安調査庁によれば、現在の信者数は約1500人で、拠点となる教団施設は15都道府県32カ所に点在。昨年の新規入信者は213人で、一昨年の108人から倍増している。ところが、今もアレフ信者と通じている元オウム信者はこの数字が実態とはおよそかけ離れていることを指摘するのだ。

「これはあくまで、公安が把握している限りのもの。実際はここ10年で約3000人増え、5800人ほどいるんです」

 アレフの本拠とされる東京・足立区の教団施設周辺では、地元住民による年3回の反対デモが行われている。施設の隣に倉庫を構える業者が顔をしかめる。

「深夜12時、1時にけっこう出入りがありますね。自転車で帰ってきたり、キャリーバッグを提げていたり。みんなマスクをしていて不気味ですよ。彼らが来てからゴキブリ、ネズミがやたらと多くなった。施設には太い電線が引かれていて、いったい何をやっているのか得体が知れません」

 近隣住民も、不安だらけの日常を送っている。

「24時間体制で、一晩中、電気がついてますよ。寝袋一つで生活しているようで、寝袋を入れたリュックをいつも背負って出かけている。他の施設に行って使うんでしょうか。セミナーの時は何やら話し声が聞こえますけど、窓はビニールで塞がれ、中が見えないようになっています。外食もせず‥‥というのも、『オウム食』というのがあって、2トンのボックスワゴン車が月2回、食材を運んでくるから。困るのはゴキブリ、ネズミ、雑草にも生命があるから殺さないんですって。じゃ、何で人を殺すんだって思いますよ。で、ゴキブリを窓から外に投げ捨てるから、このへん、ゴキブリだらけで迷惑なんです」

 施設内には水が入ったタンクが複数あり、その水に麻原死刑囚の説法テープを聞かせたものを「甘露水」として、信者に売っているという。

カテゴリー: 社会   タグ:   この投稿のパーマリンク

深夜まで飲んでも翌朝にはスッキリ! スタミナアップの“切り札”!

 最近、駅の階段やゆるやかな坂道を上っただけで、すぐに息切れがする。長時間に及ぶ自動車の運転やPC作業が年々と辛くなる一方。また、飲み会があった次の日の朝は体が鉛のように重く、1日中、体調も気分も優れない。フシブシが辛く、体のあちらこちらに現れる“ボロ”の数々‥‥。そんな心身の衰
記事全文を読む

カテゴリー: 特集 | タグ: , , , , |

アサ芸チョイス:

  1. 23234
    PR
    深夜まで飲んでも翌朝にはスッキリ! スタミナアップの“切り札”!

     最近、駅の階段やゆるやかな坂道を上っただけで、すぐに息切れがする。長時間に及ぶ自動車の運転やPC作業が年々と辛くなる一方。また、飲み会...

  2. 23821
    PR
    12冊分=8,280円が、なんと半額の4,140円に!モノ雑誌『GoodsPress』の超得キャンペーン、その真実に迫る

     すでに創刊から四半世紀以上の歴史を誇る、徳間書店刊のモノ雑誌『GoodsPress』(毎月6日発売)。 これまで、数々の新製品が誕生し...

  3. 24655
    PR
    “テキサス親父”の反日国家に黒船砲をぶち込むぜ!「慰安婦たちが、ついに韓国に憎悪を向けたんだ!」

     ハ~イ! アサヒ芸能読者の皆さん! 6月25日、とんでもないことが起きたんだ。韓国で、122人もの「米軍」慰安婦が韓国政府を訴えたって...

人気記事

1
氷室京介の電撃引退宣言でもBOOWY再結成が実現しない「布袋との確執」
2
キムタクドラマ高視聴率の裏でスタッフを悩ませる「あれやこれや」
3
野々村竜太郎元議員 あのカルト宗教と似ている「呪術師」な闇素顔(1)宇宙パワーを操れる?
4
テレ東・紺野あさ美アナ 自宅療養から復帰も止まない局内イジメ
5
上戸彩 7月スタートのフジTV“不倫”ドラマでタブー解禁!(1)セクシー艶技が遂に…