社会

健康と仏教の関係(1)ウツの入り口「不眠」を退治する「瞑想」法

 320万人──厚生労働省の「患者調査」による2011年の日本の精神疾病患者数である。東京の人口の実に3倍もの人が苦しむ深刻な病気となったが、なかでも顕著なのは「うつ病」だ。同調査によれば、05年からうつ病患者は90万人を突破する時代になった

「平成10年(2000年)以来12年連続で3万人を超える深刻な事態となっている。先進7か国の中では、我が国の自殺率は最も高く、15歳から34歳までの若い世代の死因で自殺がトップなのは我が国のみである」

 と、10年版の厚生労働省「自殺・うつ病等対策プロジェクトチーム」の「とりまとめ」はその状況を伝える一方、「薬物治療のみに頼らない診療体制の構築」を計っている。

 日本において深刻な国民病となった、「うつ」と戦う方法はあるのか──。

 実は「うつ」と「不眠」は密接な関係にある。睡眠障害は「うつ」の基本症状で、患者の9割が「眠れない」と訴えるという。また「不眠」の症状を持っていると、「うつ」に発展する危険性があることもわかってきた。

 つまり「良く眠れる」ことは「うつ」撃退への第一歩と言えよう。

 芥川賞作家で僧侶の玄侑宗久氏は著書「『いのち』のままに」で、「瞑想」を応用した「不眠」対策をこう紹介している。

「目線をやや上にして左右に揺れている状態で、人は眠ります。ですから眠る前にそうしておけば、否応なくスムーズに眠れるのです」

 著書内ではこうした状況にもっていくための具体的な方法が図解付きで説明され、もう一つ睡眠に重要な要素である「脱力」の方法についても触れている。

 秋の夜長により深い眠りを得るために、こうしたことを試してみるのはどうだろう。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    薬用和漢のチカラで髪を強くしなやかに…頭皮環境から考える山野愛子流「育毛」ケアとは?

    Sponsored
    76814

    20~60代の女性を対象に行った、ある髪に関するアンケートの結果によると、なんと9割以上の女性が「髪にツヤがあるほうが若く見えると思う」と回答し、4割以上が「初対面の女性の髪の状態またはヘアスタイルを見て、年齢を判断する」と答えたのだそうで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出荷本数26万本の隠れヒット!「ころころ歯ぶらし」はお口のトラブルに万能の歯ブラシだッ!

    Sponsored
    43394

    お口のトラブルを気にされている方の大半が、「もっとしっかり磨かないと!」と、力いっぱい歯を磨いてしまっていないだろうか? こういった“ゴシゴシ”磨きは歯や歯ぐきに負担をかけてしまうので、口内環境に悪影響を与える可能性が高い。またお口のトラブ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    放っておくと命に関わる血管のリスク 「血管の老化」に要注意!?

    Sponsored
    75325

    突然ですが、日本人の主な死因を知っていますか?最も多いのは、1/4以上の割合を占めるガンです。実はその次に多いのが、心疾患や脳血管疾患を合わせた「血管事故」。心筋こうそくや脳卒中などは心臓や脳の特殊な病気ではなく、実は血管が詰まったり破れた…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「イッテQ」降板か?手越祐也、凶悪犯との交流疑惑で芸能生命終了の危機
2
嵐が「ヘイジャン」に負ける?相葉雅紀「貴族探偵」が下剋上レベルの爆死!
3
稲垣吾郎を待ち受ける驚愕スクープとは?週刊誌が徹底調査中か
4
ジャニーズで新たなグループ分裂?V6に見え隠れする「したたかさ」とは
5
吉岡里帆「どん兵衛」CMに「やっぱり男に媚びるのか」と女性ファンが減少!?