芸能

男性スキャンダルが分岐点!10人の“勝ち組・負け組”具合(3)北乃きいは朝番組で復活の兆し

20141120j

 10年には、清純派女優として活躍していた北乃きい(23)が、イケメン俳優とシティホテルから濡れ髪で出てきた姿を写真週刊誌がキャッチ。イメージはダウンしたはずだが、今年9月から朝の情報番組「ZIP!」(日本テレビ系)の総合司会に抜擢され、復活の兆しを見せている。

「北乃さんは周囲の評価とは違って、本人はそれほど清純派をアピールしたこともなく、格闘技をこよなく愛するなど、どちらかというと根は男っぽいんです。しかも、年配層から“元気な娘”的感覚で支持される傾向があったので、男性スキャンダルも他の清純派女優に比べると、『年頃になった娘が恋に目覚めたかぁ』くらいの感覚で受け止められ、致命的なダメージにはならなかった。そういう意味では、年配層がよく視聴する朝の情報番組を主戦場にする選択はいい戦略だと思います」(三杉氏)

 朝の情報番組といえば、今年3月からTBS系「あさチャン!」のメインキャスターを夏目三久(30)が務めている。彼女も復活組だ。アイドルに負けず劣らず、スキャンダルが即イメージダウンにつながりかねない女子アナ界において、インパクト大のプライベート写真が流出して日テレを退社。だが、今では局アナ時代よりランクアップした印象で、活躍ぶりは目覚ましい。

「夏目の場合、ルックスもよく、アナウンス能力にもたけ、番組の回しもうまい。しかも、気配り上手でADや若手のスタッフにも分け隔てなく接する性格のよさもあったため、あの騒動時も周囲からは『かわいそうだよね』という声が多かった。巻き返しに成功できたのは、アナウンサーとしての能力はもちろん、人間性も大きかったと思います」(佐々木氏)

 男性スキャンダルが発覚しても、その後の対応で勝ち負けの明暗が分かれるのだ。

「“人類総ツッコミ時代”と言われる昨今、女性芸能人の男性スキャンダルは一昔前以上に激しいバッシングの対象になりますが、その分、風化するのも早い。重要なのは切り返しで、見苦しい隠蔽工作や言い訳より、素直に批判を受け止め、逆風が弱まるのを待ってから、傷を武器に変えた女たちが芸能界の荒波を生き抜いていますよね」(三杉氏)

 スキャンダルしかり、芸能界しかり、女に必要なのはたくましさということか!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実写映画化で話題沸騰! 『ジョジョの奇妙な冒険 第4部~PART4 ダイヤモンドは砕けない~』のコミック版が無料試し読みに登場

    Sponsored
    85664

    最近は、新聞も雑誌もコミックもスマホで!なんて話をよく聞きます。デジタルをスマートに使いこなすサマは、かっこいい「大人」って感じですよね。でも、紙の雑誌で育った世代にとっては、まだ未体験という人も多いのでは。そんな人にオススメしたいのが、電…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    出張についてのアンケート

    Sponsored
    81003

    いつもアサ芸プラスをご愛読いただきありがとうございます。アサ芸プラスでは、今後出張に関する情報を提供させていただくにあたり、ユーザーの方の興味関心をアンケートでとらせていただいております。簡単な内容ですのでご協力よろしくお願いします。ご協力…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    秋津壽男“どっち?”の健康学「夜中、頻繁に目覚めるのは危険?不整脈や動脈硬化を合併する可能性」

    83505

    「あなた、またなの?」で始まるテレビコマーシャルを目にしたことがないでしょうか。夜中、頻繁に目が覚める旦那さんに対して、横で寝ている奥さんが声をかける内容です。同じ布団で寝ているパートナーが頻繁に起きると「いいかげんにしてよ」と言いたくなり…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
武井咲、ドラマ「黒革の手帖」が“低視聴率女優”の汚名覆す好発進の「理由」
2
橋本環奈、映画で隠せてもドラマでバレてしまった「クビレなし体型」の是非!
3
追悼・小林麻央 ブログに綴らなかった最期の自宅療養25日間(1)一時危篤で自宅療養を決意
4
新垣結衣の胸が辱められた!?「コード・ブルー」山下智久の問題シーン!
5
嵐・松本潤に浮上した「スタッフの厚意を無にする冷たい男」疑惑!