芸能

アンタッチャブル柴田の「冤罪でした」は本当なのか?

20151008shibata

 お笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣が、冤罪で逮捕されていた!? これは柴田が2010年からの1年間、芸能活動を休止していた理由として、バラエティ番組の収録中に自ら衝撃告白したもの。当時は女性問題が原因と見られていたが、逮捕が原因だと明かし、「冤罪だったんで無実ですよ」と潔白を主張した。

 ここで気になるのが“冤罪”という表現である。冤罪は法律用語ではないため明確な定義はないが、一般的には無実の人が誤って有罪を宣告されたり、もしくは誤って逮捕されたことを指す。お笑い芸人の冤罪事件について、テレビ誌ライターが解説する。

「よく知られているのは、キングオブコメディの高橋健一が2007年7月に地下鉄内で痴漢をした疑いで逮捕された件です。このケースでは他の乗客が高橋の無実を証言するなど明らかな冤罪だったのですが、すぐに逮捕報道が流れたこともあり、高橋は活動を自粛。活動再開は不起訴処分が決まった後の翌年1月で、実に半年もの活動休止を余儀なくされたのです」

 この話を聞くと不思議なのは、柴田の逮捕がなぜ報道されなかったのかということだ。事件について発表するかどうかは警察が判断しており、すべての事件が報道されるわけではないが、芸能人が絡んだ逮捕案件が警察発表されないことはレアケースだと言える。

 可能性としては逮捕直後に冤罪だと判明し、検察に送検されることもなく無罪放免となったケースが考えられる。だがそうであれば、そもそも無実なのだから活動を休止する理由がないはずだ。だが実際には1年間にもわたって活動を休止しており、のっぴきならない事情があったことを疑わせる。前出のライターが続ける。

「実行犯として逮捕された場合でも、起訴に至らないことは珍しくありません。なかでも知人同士のトラブルでは検察もあえて立件しないことが多いのです。想定しうるケースとしては、男性が知人女性に暴力を振るい、女性が警察を呼んで男性が暴行の現行犯で逮捕されるも、冷静になった女性が処罰を望まず、示談が成立といった形でしょうか」

 こういったケースは一般的には冤罪とは呼ばないはずだが、前述のように冤罪には法的な定義がないため、当人が冤罪と言うのであれば否定することも難しい。そもそも柴田の場合は何が理由で逮捕されたのか、逮捕後48時間以内に送検されたのか、拘留はされたのかなど、疑問は尽きない。自らの潔白を証明するためにも、柴田は当時の様子を明確に説明すべきではないだろうか。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

アサ芸チョイス:

  1. 54881
    PR
    マイナス金利導入で値上がりも?まだ間に合う「生命保険の見直し」その秘策

    今年2月16日から、日本史上初の金融政策である「マイナス金利」が導入されました。だけど、この政策によって私たちの生活にどのような影響があ

  2. 49459
    PR
    元気ハツラツの秘訣は『にんにく』『しじみ』『牡蠣』のトリプルパワー

    年齢を重ねていくたびにしんどくなってくるのが、年末年始の宴会。“おつきあい”とはいえ連日宴席となると、カラダの外も内側もズッシリと溜まり

  3. 56571
    PR
    年齢面で不利な“40代の婚活”を変えた「結婚相談所のサービス」その仕組とは?

    40歳を過ぎていよいよプレッシャーを感じてきたのが「結婚」の二文字。「まだ婚活は早い」「婚活をしなくてもそのうちいい出会いがあるだろう」

注目キーワード

人気記事

1
ゲス極・川谷絵音の衝撃発言で囁かれる「ベッキーのボディはバツグン」説
2
清原和博が供述した大物俳優「X」が警視庁に内偵されている!(1)検査をしようとしたところ…
3
パソコンに残ったデータを発見!?ベッキーとゲス極・川谷の愛欲LINEの流出元
4
貫地谷しほりが公開したすっぴん写真がまるで「行為中」そのもの!?
5
小林麻耶が一時意識不明、番組退席直前の異変とブログに綴っていた“心の闇”