芸能

元SKE48松井玲奈も驚愕!乃木坂46の楽屋がなぜ「食券制」になったのか?

20151117nogizaka

 先日、AKB48の島崎遥香が栄養失調気味であることを告白していたが、それと対照的なのがライバルグループの乃木坂46の食事情だ。楽屋に用意された食べ物は“誰が食うか誰に食われるか”のサバイバル状態と化しているようだ。

 その問題の引き金となっているメンバーが、乃木坂の大食いコンビ・松村沙友理と生田絵梨花だ。

「過去に冠番組で白飯を何杯食べられるか競う大食い企画を実施した際、生田は7杯、松村は9杯を平らげている筋金入りの食いしん坊。生田はとにかく食に貪欲。マネージャーに弁当が何時頃に届くかの確認を随時行っていたり、楽屋に置かれたパンを7つ袋に入れて自分用にキープしたりする習性があるほど。松村はダイエット中であるにも関わらず、収録の合間に弁当3個を平らげるほどの食欲モンスターです。その他にも、ロケ弁で食事代を浮かせるために乃木坂のオーディションを受けた橋本奈々未など、食に情熱をかけるメンバーも多いようですね」(アイドル誌ライター)

 また、仙台で公演を行う際は、ご当地グルメで牛タンがケータリングとしてメンバーたちに振る舞われるのが定番になっている。昨年は、そこでも松村が1人で5皿を食べるなど大食いクイーンぶりを発揮。そのため、今年は食べ過ぎ防止のため、1人1枚の食券をもらって、牛タンと交換する食券制に変更。だが、メンバーの白石麻衣があまりのおいしさに、隠れてマネージャーから食券を2枚もらっていたことを番組で懺悔しており、食券制になっても改善されていないようだ。

 昨年4月から今年4月までの約1年間、乃木坂46を兼任していた元SKE48の松井玲奈は、乃木坂に兼任して一番驚いたことについて、「楽屋のご飯がなくなること」と話している。松井いわく、後で食べようと思っていた弁当がなくなっていたり、SKEやAKBではケータリングが完食されるのを1度も見たことがないが、乃木坂は頻繁になくなっていると説明している。

 食の細い島崎にもここまで食べろとは言わないが、この食欲旺盛さを多少なりとも見習って元気になってみてはいかがだろうか。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

アサ芸チョイス:

  1. 54881
    PR
    マイナス金利導入で値上がりも?まだ間に合う「生命保険の見直し」その秘策

    今年2月16日から、日本史上初の金融政策である「マイナス金利」が導入されました。だけど、この政策によって私たちの生活にどのような影響があ

  2. 49459
    PR
    元気ハツラツの秘訣は『にんにく』『しじみ』『牡蠣』のトリプルパワー

    年齢を重ねていくたびにしんどくなってくるのが、年末年始の宴会。“おつきあい”とはいえ連日宴席となると、カラダの外も内側もズッシリと溜まり

  3. 56571
    PR
    年齢面で不利な“40代の婚活”を変えた「結婚相談所のサービス」その仕組とは?

    40歳を過ぎていよいよプレッシャーを感じてきたのが「結婚」の二文字。「まだ婚活は早い」「婚活をしなくてもそのうちいい出会いがあるだろう」

注目キーワード

人気記事

1
小林麻耶が一時意識不明、番組退席直前の異変とブログに綴っていた“心の闇”
2
視聴率爆下げの原因?松本潤「99.9」公式ツイッターの発言に視聴者から批判殺到
3
田中みな実が圧勝!前田敦子が自分のインスタグラムで公開処刑される
4
貫地谷しほりが公開したすっぴん写真がまるで「行為中」そのもの!?
5
まるで岡本夏生…真木よう子が超絶劣化も胸は健在で男性ファンは「ならば良し」