スポーツ

特別インタビュー“青山学院大・原晋監督”「ハッピー指数大作戦で箱根を連覇する!」(1)悔しさで本気度がアップする

201512310107dd

 独特の「青トレ」なる手法で学生駅伝史上最強の選手層を誇る青山学院大学。強さの秘密は「新・山の神」の存在にばかりあるのではない。当然のように箱根駅伝優勝候補筆頭にあげられる中、「連覇」に向けて指揮官が語った秘策とは──。

「青学史上最強ではなく、学生史上最強チームだと思います」

 11月1日の全日本大学駅伝の直前、青山学院大の原晋監督(48)は、自チームをそう称した。そう自負できる自信は十分にあった。

 2015年の箱根駅伝は「ワクワク大作戦」という突飛な作戦名を掲げ、91回を数える大会史上、最速タイムで初優勝。だが実はそれは狙いにいった優勝ではなく、予定よりも1年早く迎えた歓喜の瞬間だった。原監督の見立てでは「翌年の箱根で勝つために優勝争いをすること」ができれば御の字だった。つまりは、箱根駅伝優勝の立て役者となった「新・山の神」神野大地(4年)や、高校時代から世代を代表する選手だった久保田和真(4年)らが最終学年を迎える2015─16シーズンこそが勝負の年。ここに大学駅伝3冠を目指して臨んだ。

 初戦の出雲駅伝(10月12日)では、王者たる試合運びを見せて1冠目を獲得。2015年の箱根駅伝に続き、ここでも大会記録ホルダーになった。

 原監督は続く全日本大学駅伝で、初優勝はもちろん、「三大駅伝全てで大会記録を打ち立てよう」と意気込んで伊勢路に乗り込んだ。

 だが、レースは指揮官の思いどおりには運ばない。同じく初優勝を狙っていた東洋大に序盤から先行を許し、今季2度のケガに苦しんだ神野も、復帰戦となったこのレースで本来の力を発揮できず、結局、1分以上の差をつけられて東洋大に屈したのである。「学生史上最強チーム」を強く印象づけるはずが、まさかの黒星。

「全日本で負けてしょぼくれた選手の姿を見て、これは青山学院ではない。笑顔で戦っていかないといけない、と反省しました。また、マイナスな発言が学生の中で多く出ていましたが、前向きな発言をしていこう、とも言いました」

 原監督はさらに回想する。

「三大駅伝で初めてこんなに悔しい思いをしました。今までは右肩上がりで、おいしいところばかり見てきたので。就任3年目に箱根駅伝の予選会で大惨敗して以来の悔しさが込み上げてきました。箱根駅伝では倍返しにします」

 全日本の2位という結果は過去最高順位。それでも悔しさばかりが残るのは、優勝を宿命づけられたチームに成長した証しなのだろう。

 全日本のレース後、原監督はこんな言葉も口にしている。

「私、原監督は、悔しさが出た時には本気度がアップします」

 実際に原監督は何度も逆境からはい上がってきた男だった。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

アサ芸チョイス:

  1. 54881
    PR
    マイナス金利導入で値上がりも?まだ間に合う「生命保険の見直し」その秘策

    今年2月16日から、日本史上初の金融政策である「マイナス金利」が導入されました。だけど、この政策によって私たちの生活にどのような影響があ

  2. 49459
    PR
    元気ハツラツの秘訣は『にんにく』『しじみ』『牡蠣』のトリプルパワー

    年齢を重ねていくたびにしんどくなってくるのが、年末年始の宴会。“おつきあい”とはいえ連日宴席となると、カラダの外も内側もズッシリと溜まり

  3. 56571
    PR
    年齢面で不利な“40代の婚活”を変えた「結婚相談所のサービス」その仕組とは?

    40歳を過ぎていよいよプレッシャーを感じてきたのが「結婚」の二文字。「まだ婚活は早い」「婚活をしなくてもそのうちいい出会いがあるだろう」

注目キーワード

人気記事

1
テレビ復帰は無理!楽しんご、乱暴された被害者女性を口撃してフルボッコに
2
視聴率爆下げの原因?松本潤「99.9」公式ツイッターの発言に視聴者から批判殺到
3
清原和博が供述した大物俳優「X」が警視庁に内偵されている!(1)検査をしようとしたところ…
4
貫地谷しほりが公開したすっぴん写真がまるで「行為中」そのもの!?
5
田中みな実が圧勝!前田敦子が自分のインスタグラムで公開処刑される