芸能

あのベッキーが略奪愛!?「ゲスの極み乙女。」川谷に放っていた熱烈ツイート!

20160107becky

 老若男女に愛されてきた人気タレントに初スキャンダル! しかも相手が妻帯者という禁断の愛──。

 1月6日発売の「週刊文春」が、タレントのベッキーと紅白出場も果たした人気バンド、ゲスの極み乙女。のボーカル、川谷絵音との熱愛を報じた。

「内容は、2人が懇意になる経過、熱愛ぶり、そして川谷が昨年夏に結婚したばかりの妻帯者であることを事細かに報じるものです。2人はもちろん、川谷の妻にも直撃しています」(週刊誌記者)

 今年1発目にして最大のスキャンダルになるかもしれないこの記事。どうやって入手したのか、2人のデート現場やホテル室内での2人揃っての自撮り写真や、愛を確かめ合うかのようなLINEのやり取りまで掲載されている。

 実はベッキー、ゲスの極み乙女。にはかねてより熱い視線を送っていた。

「昨年6月26日のツイートで『ゲスの極み乙女。さんの新譜を聴く時のあのドキドキ感はなんていうんだろう。 もう、恋のドキドキと同じなんですよね。 胸がきゅーんって。 そのあとに すきすきすきぃー!って。 今年、ライブを拝見するのが目標です。 はぁ。。。幸せなためいき。。。』(原文ママ)とつぶやいています。この文言から察するに、ベッキーのほうからお熱になったのではないでしょうか」(女性誌記者)

 この時はまだ付き合っていなかったと思われ、熱烈なファンとしてのつぶやきだったのだろう。

 年末年始にも逢瀬を重ねたとされる2人。ほぼ毎日更新されてきたベッキーのツイッターは1月6日現在、12月31日で止まったままだ。略奪愛となれば、双方の大きなイメージダウンは避けられないが‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    女性と無縁の理系アラフォー男が3ヵ月で結婚!男が頼んだ“婚活のプロ”の正体とは?

    Sponsored
    74637

    「男子校出身で、おまけに大学も職場も理系のため、女性との接点がほとんどなかったんです。仕事も忙しく不規則なため、友人からの飲み会の誘いやサークルにも滅多に参加できず、そんな男性社会で20~30代を過ごしていたら、気づけば40歳。そこで慌てて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    他人ごとではない…冬に注意すべき「血管事故」対策は「血管年齢の若返り」!?

    Sponsored
    75325

    突然ですが、日本人の主な死因を知っていますか?最も多いのは、1/4以上の割合を占めるガンです。実はその次に多いのが、心疾患や脳血管疾患を合わせた「血管事故」。心筋こうそくや脳卒中などは心臓や脳の特殊な病気ではなく、実は血管が詰まったり破れた…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    最大75%効率アップ!「まだスマホの充電が終わってない!」を防いでくれる急速充電器

    74187

    仕事や趣味で活躍するスマホやタブレット。重宝する半面、ヘビーユースする人にとって問題となるのがバッテリー問題ではないだろうか。満足に充電できず慌てて外出した際、電車内や取引先で電池残量がピンチになる不安は避けたいところ。そこで今回セレクトす…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔が女子アナと真剣交際の裏で大事な“相棒”を乗り換えていた!?
2
「今夜くらべてみました」で日テレがSHELLYをリストラできない裏事情
3
ブレイク俳優の高橋一生が「an・an」で一糸まとわぬ姿を披露しファンが困惑
4
「重病説」が飛び交うホリケンの「顔色が悪い本当の理由」とは?
5
細川茂樹「事務所契約解除」のウラに意外すぎる「バッチバチ素顔」