芸能

ベッキーの「手記」争奪戦が激化!週刊新潮の擁護記事もその布石!?

20160229becky

 いまだ非難がやまないベッキーと「ゲスの極み乙女。」ボーカル・川谷絵音の不貞騒動。この件でCM10本と出演レギュラー番組を失う事態に陥ったことについて、ジャーナリストの山路徹氏は新聞社の取材に対しこう答えている。

「とにかく世間に向かって説明しないとだめ。ベッキーさんの記者会見は、CMスポンサーや代理店への謝罪という印象を持たれ、結局、世間が“炎上”しました。でもスポンサー自体は、世間がどう判断するかみている。あの会見は、そこを読み違えちゃった」

 と、記者会見での“初動ミス”を指摘している。

 山路氏は自身も2010年にタレントの麻木久仁子との不貞が報じられた過去を持つ。“経験者は語る”といったところか。そんなベッキーに今、とある仕事の依頼が殺到しているという。

「“手記出版”のオファーが多数寄せられています。騒動が収まる前になんとか書かせたいと、大手出版社が躍起になって事務所と交渉しているようです」(スポーツ紙デスク)

 2月25日に発売された「週刊新潮」のベッキー擁護記事もその布石と見られているという。

「川谷が当時既婚者だったことを隠しベッキーと交際していたことをこれでもかとクローズアップしていましたね。その後、手記で謝罪に徹せば、世間は彼女に同情してバカ売れ必至ですからね。事務所にゴマをすっておくのも損な話ではないでしょう。ベッキーのCM違約金は8億円とも言われており、事務所内では社員のリストラの噂まで出ています。事務所も手記を書かせて違約金の補填にしたいのが本音でしょう」(芸能プロ関係者)

 多方面から非難を浴びながらも、「ベッキーだけ制裁されるのはおかしい」「川谷も同じように罰を与えられるべきだ」とベッキーへ同情の声が上がってきているだけに、手記を出すなら今がチャンスなのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

アサ芸チョイス:

  1. 54881
    PR
    マイナス金利導入で値上がりも?まだ間に合う「生命保険の見直し」その秘策

    今年2月16日から、日本史上初の金融政策である「マイナス金利」が導入されました。だけど、この政策によって私たちの生活にどのような影響があ

  2. 49459
    PR
    元気ハツラツの秘訣は『にんにく』『しじみ』『牡蠣』のトリプルパワー

    年齢を重ねていくたびにしんどくなってくるのが、年末年始の宴会。“おつきあい”とはいえ連日宴席となると、カラダの外も内側もズッシリと溜まり

  3. 56571
    PR
    年齢面で不利な“40代の婚活”を変えた「結婚相談所のサービス」その仕組とは?

    40歳を過ぎていよいよプレッシャーを感じてきたのが「結婚」の二文字。「まだ婚活は早い」「婚活をしなくてもそのうちいい出会いがあるだろう」

注目キーワード

人気記事

1
ゲス極・川谷絵音の衝撃発言で囁かれる「ベッキーのボディはバツグン」説
2
小林麻耶が一時意識不明、番組退席直前の異変とブログに綴っていた“心の闇”
3
貫地谷しほりが公開したすっぴん写真がまるで「行為中」そのもの!?
4
桐谷美玲が突如髪型をチェンジするも「阿部サダヲに激似」と爆笑祭りに!
5
常盤貴子 新作映画で魅せる「私生活は仮面夫婦」でも12年ぶり「濡れ場」の妖艶度