芸能

綾瀬はるかに大打撃!?フジの脚本盗作疑惑で映画「本能寺ホテル」が爆死危機

20170110ayase

 2016年12月30日、小説家の万城目学が自身のツイッターで明かした内容が大きな注目を集めている。その書き込みによると、彼は、2年前から関わっていたある映画関係者にアイデアを盗まれたという。

「万城目氏は、ある映画のオリジナル脚本を執筆したものの、最終的に全てボツにされたそうです。にもかかわらず、後日完成した映画の予告を彼が見ると、ボツにした脚本から一部のアイデアだけを盗んで、別の脚本家に書かせていたことが発覚。万城目氏はボツネタを小説として発表しようとしていたこともあり、制作者に抗議するも『返さない』『諦めろ』と突き放され、大きなショックを受けたと告白しました」(芸能記者)

 万城目氏は関わった映画のタイトルを明かさなかったものの、ファンの間では1月14日公開の綾瀬はるか主演「本能寺ホテル」(フジテレビ制作)ではないかという疑惑が浮上。なぜならフジはかつて「鹿男あをによし」や「プリンセストヨトミ」などで万城目作品とタッグを組んでいるが、今回、同スタッフによる新作「本能寺ホテル」には、彼の名前がないことから疑われることとなったようだ。

 この騒動により、映画の興行収入に悪い影響が出る可能性があるという。

「ネットではこの件が炎上し、ファンからは『酷すぎる! 絶対に許せない』『このまま泣き寝入りするしかないのか』『万城目さんの新作小説が読めなくなったのがツラい』という声以外にも、『映画を観に行くのはやめよう』と『本能寺ホテル』の不視聴運動まで起こっている。今回、主演の綾瀬はるかは、思わぬとばっちりを受けることとなりました」(前出・芸能記者)

 フジ制作の映画といえば、過去にも「テルマエ・ロマエ」の低額すぎる原作使用料や、映画「海猿」関連書籍が契約書なしに販売されたことなどで、原作者を度々怒らせている。そのため、ネットでは「またか」という声も飛び交っているようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    溶解~抗菌~浸透~鎮痒のプロセスで白癬菌を退治!「水虫」の正しい治し方

    Sponsored
    86516

    「あれっ、なんだか足がかゆい」こんな症状に覚えはありませんか? 我慢できないほどのかゆみがなくても、もしかしてそれは「水虫」かもしれません。水虫は、白癬(はくせん)菌という真菌(カビ菌)が、皮膚、角質、爪などのケラチンを栄養源に繁殖して起こ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    実写映画化で話題沸騰! 『ジョジョの奇妙な冒険 第4部~PART4 ダイヤモンドは砕けない~』のコミック版が無料試し読みに登場

    Sponsored
    85664

    最近は、新聞も雑誌もコミックもスマホで!なんて話をよく聞きます。デジタルをスマートに使いこなすサマは、かっこいい「大人」って感じですよね。でも、紙の雑誌で育った世代にとっては、まだ未体験という人も多いのでは。そんな人にオススメしたいのが、電…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    30代、40代から顕著になる「小じわ」などのお肌への不安、あなたはどうする!?

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
上原多香子、無言で謝罪する足元に漂う違和感で囁かれる「妊娠説」!
2
上原多香子 夫の自殺に親友が姿を見せない本当の理由
3
愛子さま 憧れの佳子さまを支えに「ふっくら回復」
4
上原多香子「奔放だった男グセ」を「居酒屋デート」ミュージシャンが初激白!
5
「不貞報道」上原多香子、夫遺族が「証拠」を今公開せざるを得なかった理由!