特集

女性と無縁の理系アラフォー男が3ヵ月で結婚!男が頼んだ“婚活のプロ”の正体とは?

Sponsored

20170131happyraize_main

「男子校出身で、おまけに大学も職場も理系のため、女性との接点がほとんどなかったんです。仕事も忙しく不規則なため、友人からの飲み会の誘いやサークルにも滅多に参加できず、そんな男性社会で20~30代を過ごしていたら、気づけば40歳。そこで慌てて結婚相談サービスに登録、理想の条件に合った女性を紹介してもらったんです。そしたら会ったその日に即お断り。その途端、『このままもしかして生涯独身?』という不安が一気に押し寄せてきました‥‥」

 若い時なら一度や二度フラれようがかまわないが、40歳を過ぎての失恋は、なんだかこれまで培ってきた人格を全否定されたようで立ち直れない。そんなアキラさん(仮名)が40歳を過ぎて、大逆転の“アラフォー婚”に至った経緯とは、なんだったのでしょうか。

⇒自身の隠れた結婚観を無料診断してみる

■自分に合ったサービスがうれしい

「私が入会した結婚相談サービスは、サイトに理想の条件を入力することで、それに合った女性が紹介されるという、よくある一般的な婚活サービス。ただ、こうした機械的なマッチングシステムでは、条件が一致した人だけ抽出されてしまいます。自分はシステム屋でもあることから『これは違うのでは‥‥?』と感じていました」

 そこでアキラさんが目をつけたのが、専任の担当スタッフが付き、紹介とサポートをしてくれる老舗結婚相談所サンマリエ。「実際にシステムを説明してもらうとコンピュータでのマッチングだけでなく『その間に立ってくれる人』がいて、ヒアリングを通して価値観や微妙なニュアンスを紹介に反映してくれるというので、ちょっと他とは違うなと、入会してみた」という。

「サンマリエに入会して最初に良かったと感じたのは、自分だけで動くのではなく、専任のスタッフが付いてくれること。以前のサービスでは仕事が忙しくて紹介女性とのやり取りの時間がなかなか取れなかったのですが、サンマリエならお見合いの日程調整なども担当スタッフがやってくれるので助かりました。いわば婚活のプロですから。そしてなにより、様々な業種の女性と知り合えるのもいいですね、『あ!こんなに人がいっぱいいるんだ!』って」

⇒理想の結婚相手を無料で診断してみる

20170131happyraize_a

■相談できる担当スタッフがいるから心強い

 実はアキラさんは当初、結婚相談所にあまりいいイメージを持っていなかったそうです。

「入会前は出会いの少ない人が行く場所というか、ネガティブなイメージを持っていました。でも実際にお見合いパーティなどに出席して話を聞いてみると、自分と同じように『休みが不規則だったり、職場環境のせいで出会いが無かった』という人がいっぱいいるんです」

 見事その場でお付き合いがはじまったアキラさん。しかもプロポーズを後押ししてくれたのも、担当スタッフだったそうです。

「もう結婚を決めてもいいのでは?って。間に入って、交際中の相談にも乗ってくれてお互いの気持を理解している担当スタッフだからこそ言える後押しですよね。そのあとは急展開。彼女の前で『これからの人生を共に歩んでいきませんか。一緒に成婚退会しましょう』みたいな(笑)」

 アキラさんがその一言を言うまでにかかった時間は、入会してわずか3ヵ月。本人は当初「半年1年くらいは覚悟しようと思っていた」と話します。

「入会して活動を始めたことで、焦って無理に探す必要がなくなった、心のゆとりが生まれたのが良かったんでしょうね。サンマリエではたくさんの会員のなかから、自分でネットを使ってお相手探しやお見合いができますし、忙しければ担当スタッフの人にメールや電話でいつでも来店せずに相談でき、アドバイスももらえます。何より自分を違った視点で見てくれる人がいるのはいいですね。意外と自分の魅力って本人は気づかないもの。また、自分が好きなタイプと、自分に合う人の違いを見極めるのも、第三者がいてこそ。人柄の合う相手となら、会話が苦手な人でも実は自然体で話ができるんです」

⇒まずは無料婚活結婚診断テストを受けてみる

■理想の相手を見つけられる

 自分一人で探せる出会いには限界があるけれど、サンマリエで探せる出会いはそれ以上。「本気で婚活はじめたい!」という気持ちがあるのなら、まずはサンマリエの「無料婚活結婚診断テスト」を試して、あなたの隠れた恋愛傾向と理想の結婚相手を診断してもらってはどうだろうか?

 あなたもアキラさんのように1年以内の成婚めざして、今年は「本気の婚活」はじめてみてはどうでしょうか。

20170131happyraize_banner

Sponsored by ハピライズ株式会社

カテゴリー: 特集   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「蜂に刺されたら尿をかける」は大間違い!実はキケンな「応急処置」

    88462

    この夏も各地キャンプ場で「蜂に刺された」という被害が報告された。「スズメバチはもともと攻撃性の高い蜂なのですが、夏~秋にかけて攻撃性がさらに高まります。家の軒先や樹木などにも大きな巣を作りますので、レジャーの時だけでなく、この時期は日常的に…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
安室奈美恵を引退に至らしめた6年前の「カネがらみトラブル」!
2
吉良吉影が見られない!?山崎賢人「ジョジョ」映画版が大コケで続編は絶望的!
3
爆死!実写版「ジョジョ」は公開前から酷評も“怖いもの見たさ”に賭けていた
4
江角マキコの落書きどおり?長嶋一茂が放った一言に共演者が凍りついた!
5
水着姿で汗だく! 元AKB永尾まりや「火照り姿」にファン大興奮