芸能

満島ひかり 主演映画「海辺の生と死」でみせた妖艶姿(3)命がけの恋をはかなんで…

 こうした満島の演技を秋本氏は、「いい意味で常識ハズレ」と絶賛。

「知名度もあるし、今年はドラマ『カルテット』(TBS系)で好演し、資生堂や東芝などの大手とCM契約中です。例えば、同世代で同じような活躍をしている長澤まさみは、舞台では際どいシーンを見せているものの、がんじがらめの状況で完脱ぎする可能性はゼロに等しい。でも、それが最近の芸能界の常識なんです。まさに彼女は、その意味でも常識ハズレなのでしょう」

 しかし、彼女が“規格外”なのは今に始まったことではない。アイドルから女優に転身したばかりの09年からすでに兆候はあった。

「彼女がその名を知らしめたのは園子温監督の映画『愛のむきだし』(ファントム・フィルム)ですが、純白の生パンティを大開脚で惜しげもなく見せたり、安藤サクラと濃厚なキスや愛撫を見せたり、あげく、過激なオナニーも披露しました」(映画関係者)

 問題のシーンでは、ベッド上で恋の相手を思い出し、大股を開くと、クリトリスや膣の影が浮き出るのかと錯覚するほど、自身のアソコをグイグイと指で刺激し、恍惚の表情を浮かべる‥‥さながらAV顔負けのそんなシーンは、ほんの数秒間ながら強烈なインパクトを残した。

「同作で各映画新人賞を総なめにすると、映画『カケラ』(ピクチャーズデプト)では、役作りのために地ワキ毛を生やし、黒々としたそれを見せつけながら濡れ場を演じたりと、とにかく一切の妥協をしません」(前出・映画関係者)

 今や数少ない“ハマる”体当たり女優と言えよう。

「それはプライベートでも同じでした。10代~20代前半まで、彼女はとても自由奔放で恋多き女性として、周囲の男たちを魅了してきました。ですが、さる映画監督に出会い、交際を始めたら一変。彼一筋に、どっぷり“ハマって”しまいました。その監督はいいかげんなヤツでして、いくら満島が更生しようとしても、のれんに腕押し。結局、見切りをつけた満島は彼を捨てたんですがね」(前出・映画関係者)

 男は満島にフラれ「映画作りに支障を来すほど」だったという。そんな傷心の元カレなどおかまいなしに、すぐに石井裕也監督と結婚し、離婚。そして永山との交際。このフットワークの軽さは「女優としての肥やしになっている」と、前出の秋本氏は分析する。

「本作も、プライベートを糧に“映画で勝負したい”という意気込みが伝わってきます。男前です、見直しました」

 同世代女優たちから一歩も、二歩も抜きん出た満島は、次は何を魅せてくれるのだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「蜂に刺されたら尿をかける」は大間違い!実はキケンな「応急処置」

    88462

    この夏も各地キャンプ場で「蜂に刺された」という被害が報告された。「スズメバチはもともと攻撃性の高い蜂なのですが、夏~秋にかけて攻撃性がさらに高まります。家の軒先や樹木などにも大きな巣を作りますので、レジャーの時だけでなく、この時期は日常的に…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石原さとみ危うし?Fカップ「全見せ」解禁で今野杏南が女優として猛追!
2
江角マキコの落書きどおり?長嶋一茂が放った一言に共演者が凍りついた!
3
有名人家族「骨肉の修羅」全真相(2)安室奈美恵 「親族が実母を惨殺」事件のトラウマ現場
4
嵐・櫻井翔に真っ向勝負!?関ジャニ∞は「苦学生時代」をアピール!
5
泰葉、イラン人男性との婚約会見で見せていた「不協和音」!