スポーツ

大坂なおみが“優勝の重圧”で「ダーバン・ジーメイ」に改名だって!?

 大坂なおみが東日本復興キャリティのテニスイベントで錦織圭と共演し、観覧者を喜ばせた。自身も「以後、クレイジーな日々」と語っていたように、全米オープン優勝後は「勝って当然」の重圧と注目を浴びている。そんな“追っかけ記者団”の中には、中国メディアの姿も…。

「大坂は『中国語の響き』を気に入っているみたいです」(TV局スポーツ部員)

 大坂は中国が大会会場となったWTAファイナルにも出場しているが、期間中、中国の新聞は「直美」「奈緒美」「尚美」と表記がバラバラだった。そのため、中国メディアが相談し、大坂本人に「今後、中国国内では名前を『直美』で表記してもいいか?」と確認した。大坂は二つ返事で承諾し、以後、混乱はなくなったのだが、大坂からも逆取材を受けた。「大坂直美って、どう発音するの?」。

「ダーバン・ジーメイ」だと聞かされると、大坂は「おもしろい」とニッコリ。かなり、気に入っていた。

「大坂がもっとも重圧を感じるのは、日本での試合です」(前出・テレビ局スポーツ部員)

 祖国である以上、仕方ないことではあるが、「ダーバン・ジーメイ」の気に入りようからして、今後、中国での試合出場数を増やし、日本参戦増のリクエストは無視されてしまうかもしれない。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
Snow Man渡辺翔太の発言が騒動に!ガーシー予告「もう一組抜ける」の信ぴょう性
2
平愛梨に真野恵里菜…次々にゴールを決めるサッカー選手に“怨嗟”の声
3
スペイン戦直前…本田圭佑が放った「権力者は退場せよ」猛烈批判の真意
4
「男闘呼組」成田昭次がついに受けたインタビューでも語らない「薬物の話」
5
柴崎岳がサブ扱いで囁かれる真野恵里菜「さげまん説」!