芸能

「けもなれ」視聴率苦戦に「ナカイの窓」で“テコ入れ”も効果に疑問!

 11月21日、新垣結衣と松田龍平主演ドラマ「獣になれない私たち」(日本テレビ系)の第7話が放送され、平均視聴率は8.6%。6話で10%と2ケタ台になったが、またも1ケタ台に転落。これまでの平均視聴率も8.8%と、人気俳優を起用したドラマとしては、予想を覆す結果だ。

 視聴者からは「いろんなものを詰め込み過ぎて、何を伝えたいのかわからない」「今回こそはスカッとすると思ったが、相変わらずイラつかせるだけ」「ラブかもしれないと謳っているなら、少しはラブを見せてくれ」などモヤモヤやイライラが解消されないようだ。

 この日は、同局で放送されている中居正広の「ナカイの窓」に新垣と松田、水田伸生監督、中山光一カメラマン、プロデューサーの大塚英治ら「けもなれ」チームが出演。ドラマの裏話を語り、深海晶(新垣)と根元恒星(松田)が出会ったビールバー「5tap」のセットに中居とゲストMCの陣内智則、近藤春菜が訪れ小芝居をするひと幕もあった。

 テレビ誌ライターは「“けもなれ”の視聴率回復に必死なのでは」と感じたという。さらにこう話す。

「『ナカイの窓』で放送中のドラマの番宣は珍しいことです。『ナカイの窓』はふだん、麹町のスタジオ撮りなのに、ドラマを撮影している生田スタジオでの収録となったのは、急きょぶち込んだからなのでしょう。できれば、脚本家の野木亜紀子氏にご登場いただいて、ストーリー展開についてのコメントが欲しかった。それによっては、視聴者を納得させることができたかもしれません」

 新垣も松田も楽しいトークを繰り広げ、イメージアップにはなったが、これでドラマの視聴率がアップするかは、甚だ疑問だ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
爆裂バスト女芸人・薄幸、自称Eカップは間違い!?“真実はGカップ”の「根拠」
2
阿部華也子、「めざまし」でファンの評論会も起きる“上品バスト”の膨らみ
3
「急逝」竹内結子さん、出演映画を巡る“謎の連鎖”を原作者が呟いていた
4
日テレ笹崎里菜“木綿肌着”見えた!?ファンもヒヤヒヤよつんばい“ヒップトレ”
5
中村獅童の“お花畑”再婚に「竹内結子と子供の立場がない」と集中砲火!