社会

「シナモン“1日小さじ1杯”」3カ月で毛が生えた(1)インド人に薄毛が少ない理由

 安い、早い、凄い──。まさに三拍子そろった「フサフサ」への近道が、にわかに注目を浴びている。頭部への他人の視線がイタイ、悩めるオトコたちにとっては、これぞ福音。さぁ、今日からただちに実行に移すべし!

「以前、テレビ番組でシナモンが髪にいい、というのを見たんです。紅茶に小さじ1杯のシナモンを入れて飲めばいいらしく、実践してみました。そうしたら2週間ほどで抜け毛が以前の3分の1ほどの量にまで減り、3カ月目にはうぶ毛が生えてきたんですよ」

 満面の笑みでこう明かすのは、都内の家電量販店に勤務する男性(42)である。

 確かにテレビでは「抜け毛予防の新常識」と題して、シナモンの効用を特集する番組があった。それを見た薄毛の視聴者がシナモンを買い求めようと、スーパーに殺到したのだ。放送直後からネット上のSNSでは「シナモンパウダー買いに行ったら売り切れてた」「シナモン関連の商品はどこにも見当たらなかった」などの書き込みがあふれたのだ。

 お菓子やカレーの材料などで知られるシナモンは、クスノキ科に属するニッケイ属の常緑高木の樹皮から得られる香辛料のこと。通称、シナモンと呼ばれてはいるが、正確にはシナモン、カシア、ニッケイに分けられる。原産地が違い、後述する成分含有量もそれぞれに違う。

 空前の「新・発毛食」ブームについて、医療ジャーナリストの谷川渓氏が言う。

「シナモンの育毛効果はこれまでも何度か、取りざたされました。以前にも今回とは別のテレビ番組で、シナモンで老化を防ぐ、抜け毛を防ぐと取り上げられました。その時も、各地のスーパーなどで、シナモンが品薄になっています」

 もちろん、それだけの根拠があるからだと、谷川氏が続けて解説する。

「旧約聖書にもその名が出ているほどの、世界最古のスパイスであり、古くから薬用としても愛用されています。なじみの深い食材で、容易に手に入ることもあり、ブームになりやすかったのでは」

 前述したように、シナモンはターメリックなどとともに、カレーのスパイスとしても使われるが、カレーといえば、インドの国民食。インド人に薄毛は少ないとよく言われているが、関係はあるのか。インド政府観光局の職員によれば、

「インド人にも薄毛はいますが、確かにかなり少ないですね。正式な統計はありませんが、その理由の一つはカレーでしょう。さまざまにミックスされた香辛料、スパイスの作用で、体内の代謝がよくなると言われていますから」

 新陳代謝がよくなることで血行が促進され、頭皮や毛根、毛乳頭の働きが活発になる。シナモンはこのカレーには欠かせないのだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化