芸能

小倉智昭、膀胱摘出手術の“全告白”で集まった賞賛と敬意

 キャスターの小倉智昭が11月26日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)に出演し、翌27日から膀胱ガンの摘出手術により長期休養に入ることを報告した。

「明日からお休みします」

 番組終盤にそのように切り出した小倉は、3年前に見つかったという膀胱ガンが前立腺や尿道へと広がりを見せていることから、これ以上の転移を防ぐために膀胱の全摘出を決意したと話し、自身の小腸を60センチほど切り取って膀胱の形に縫合することで、摘出した元の膀胱の代わりとして機能させる手術に臨むことになると説明。ただし、小腸の一部切除によって作られる膀胱には神経が通うことはなく、排尿のタイミングなどをリハビリで訓練しなければならない課題もあるとし、「タレントがこんなことを言うのは変なんですが、いつも他人様のことを根掘り葉掘り、報道で言いますから、嘘つきたくないので」と病状や容態を詳細に説明する理由を明かしている。

 また、当面はサブMCの伊藤利尋アナが小倉の不在を埋め、自身の体調が順調に回復し、「伊藤くんのクーデターが起きていなければ」、とジョークを交えつつ、ふたたび「とくダネ!」に戻ってくることを約束。「また手術をして戻ってきた暁にはご報告をさせてもらいます」とも語った。

「長年にわたって芸能ニュースを斬り、時には他のタレントへ容赦ない言葉を浴びせていた小倉ですが、自身の直面する今回の状況や容態についてを包み隠さずに淡々と説明する姿には、『病気のことをここまで細かく語ってくださるのは職業柄なのでしょうが、素敵だと思います』『情報を伝える側の人間としてのこの姿勢には敬意を表したい』『ガン治療は試練の連続だと思いますが、待ってる視聴者がいます。応援しています』といった書き込みが殺到。他人を根掘り葉掘り語るだけではない小倉の覚悟への尊敬の念と、そんなパワフルな“小倉節”がまた見られることを望んでいるという声が多いです」(テレビ誌ライター)

 また、「この発言からプロフェッショナルとは何か、報道とは何かを学ばされたような気がします」といった称賛の反応も寄せられており、コメンテーターとしての然るべき姿やポリシーを改めて示した小倉。

 復帰に向けての道のりは長く険しいものとなりそうだが、まずは膀胱の摘出手術が成功することを祈りたい。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
2
深田恭子「“37歳”新・むっちりボディ」の秘密をバラす(1)バストサイズがボリュームアップ
3
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!