芸能

あの“食の鬼”が…乃木坂46生田絵梨花、ご飯会で見せた成長にファン仰天

 個人の喜びよりもメンバーを優先!?

 乃木坂46の新内眞衣が先月31日に配信されたライブ配信サービス「SHOWROOM」上の帯番組「のぎおびΔ」に出演。舞台女優としての活動も顕著な人気メンバー・生田絵梨花の成長が感じられたエピソードについて明かしている。

 まず、新内は福岡県に訪れた時には老舗すき焼き店でご飯会を行うことが恒例となっており、今年も7月20日、21日に行われた「真夏の全国ツアー」の福岡公演後には同店を訪れていたことを説明。

 そこで新内と生田は長机の端の方の席に座っていたそうで、店員は端の席から順番に肉を調理していったため、生田らが、まず先にお肉にありつける流れとなっていたそうだ。

 そこで、食べることが大好きな生田であれば、我先にお肉をほおばるのが想定できる行動だったが、あろうことか生田は「みんな、器貸して! 先にこっちができたからこっち食べなよ!」と声を張り上げ、他のメンバーへとお肉を配っていたとのこと。

 それがあまりにも新内には衝撃的だったようで、「あのいくちゃんがね…大人になったなと思った」「いくちゃん、すごいよ」と年上の立場から見て、生田の成長を感じたとのこと。

 生田のおかげもあって、メンバーみんなで一緒にはじめの一口を食べることができたとのことだが、このエピソードには乃木坂ファンからは「あのいくちゃんが…マジかよ」「これは泣ける話だな」「ワンマンプレイヤーがチームプレーを覚えたような感覚だな」「お姉さんになったんだね」など、生田の成長を称える声が多数見受けられている。

「生田といえば、松村沙友理とともに乃木坂で食に貪欲なメンバーとして有名です。少し前まではマネージャーに弁当が何時頃に届くのかという確認を毎日行っていたり、出演舞台の舞台期間中には楽屋に炊飯器を持ち込んだりと食が大好きなことを象徴するエピソードが山ほどあります。過去には白石麻衣が別仕事でもらってきたパンをメンバーのためにと楽屋に置いていると、そのパンのおいしさに感動した生田はパンを7つも袋に入れて、自分用にキープしたり、仙台公演後に用意されていた仙台名物のずんだシェイクを1人1個というスタッフの呼びかけを守らず、2本飲んだことを自慢げにブログでアピール(そのしわ寄せで飲めなかったメンバーもいた)していた生田ですから、その成長ぶりは計り知れません。

舞台女優の仕事やピンの番組出演などもあって、白石と同じぐらいに多忙な毎日を送っている生田ですが、貴重なオフには仲間の舞台を見学に行ったり、仕事のすきま時間にはメンバーが出演している番組やドラマをチェックしたりと、最近では仲間想いな一面も垣間見えるようになりましたね。」(アイドル誌ライター)

 現在22歳の生田は1期生メンバーとして乃木坂に加入。加入当初は中学3年生だったため、面倒を見てくれる同期のお姉さんメンバーも多かったがそのお姉さんたちも続々と卒業。この夏の全国ツアーの千秋楽である9月1日の明治神宮球場公演を最後にキャプテンの桜井玲香も卒業予定だ。

 逆に昨年夏には4期生も加入するなど、後輩のほうがどんどん増え、グループ内では世代交代が進んでいる。そういった現状もあって、10日で21歳になる齋藤飛鳥にはエースとしての自覚が徐々に芽生えてきた印象も受けるが、そういった変化は生田にも同様に起こっており、メンバーに気配りができる「立派なお姉さん」へと成長していることは間違いないだろう。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
水原一平が訴追されて大谷翔平の「次なる問題」は真美子夫人の「語学力アップ」
2
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
3
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】
4
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
5
「失策王&打率2割以下」阪神・佐藤輝明に持ち上がる「外野へ再コンバート」の劇薬