芸能

「ブス!」連呼でも許される憑依型女優・高畑充希「同期のサクラ」に大化けの予感

「私には夢があります! それは故郷の島に橋を架けることです。私には夢があります!一生信じ合える仲間を持つことです」

 10月9日に第1話がオンエアされた「同期のサクラ」(日本テレビ系)で、主人公の北野サクラ(高畑充希)が言い放った決めセリフである。以降、毎回のクライマックスで鍵となるセリフだが、ネット上の反響はすさまじかった。「充希ちゃん、スゴい。なんか久しぶりに号泣した」「体がまっすぐで動かず、大きな瞳が一度もまばたきせず言ってくるセリフの迫力!」「最高のセリフに、まさか森山直太朗の『さくら』をリメイクしてかぶせてくるなんて、どこまで泣かせる気なんだ!」

 こうした口コミ効果か、初回視聴率が8.1%だったのに対し、第2話では9.5%とアップ。多くの秋ドラマが2話目で視聴率を落としているのに対し、異例の上昇カーブを刻んだのだ。

「高畑は現在、『ケンタッキー』のCMにも出演していますが、あまりにおいしそうに食べる姿につられてか、フライドチキンの売り上げがV字回復しているんです。まさしく憑依型の女優で、泣かせもコミカルも自在に表現できる稀有な女優」(広告代理店プランナー)

 そんな高畑が主演の「同期のサクラ」は、大手ゼネコンに入社した“忖度しない女”のサクラを軸に、同期(新田真剣佑、竜星涼、岡山天音、橋本愛)との絆を10年にわたって描いている。サクラは第1話から「社長の話は長いです」と入社式で言ってのけるなど、自分の信念に向かって行動する。そのため、同期とも上司ともぶつかることは数多く、第3話では入社3年目で結婚退社を決めた橋本愛と衝突し、あわや屋上から突き落とされそうになる迫真のシーンも。志半ばで去っていこうとする橋本に対し、サクラ役の高畑が連呼したのは──、

「ブス! ブスブス!」

 近年のドラマ史に残るインパクトあふれるシーンに、視聴者も騒然であった。この第3話の視聴率は、プロ野球日本シリーズ第4戦が放送延長したため55分放送開始が遅くなったが、それでも9.3%と前回から0.2ポイントの微減にとどまった。

 物語は2019年現在、意識不明で眠っているサクラに対し、10年前の2009年から1話1年ずつ時間が経過するという異例のシステムだが、昏睡状態の謎も含め、高畑充希から目が離せなくなりそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
浜田雅功も絶句!ゆきぽよ、親密男性の薬物逮捕報道で注目された“炙り映像”
2
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
3
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
4
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
5
森七菜の背後に黒幕?「ボイコット計画」報道でジャニーズファン激怒のワケ