芸能

問題発言で受難…お騒がせ続きの真木よう子で思い出した「パッチギ!」の呪い

「だれかtoなかい」(フジテレビ系)で新田真剣佑に「41にして孕ませられると思ったんですよ」と発言し、視聴者をドン引きさせた真木よう子が受難続きだ。

 真木にしてみれば、大好きな俳優との初対面で緊張し、ついはしゃいでしまったということなのだろうが、世の中、そんな好意的に見てくれる視聴者は少なく、「これが男女逆の立場だったらどうする?」「どう考えてもアウトだ」などとボコボコにされている。

 しかもその番組を見た渦中のお騒がせ芸人、元プラス・マイナスの岩橋良昌が「あ、俺をエアガンで撃った人だ」とXにポストし、翌日にはそれが真木だということを暴露したものだから大騒ぎに。これについて真木は自身のTikTokライブ配信内で「エアガンやってねえってんだよ!」と否定するも、岩橋による第2第3の矢が放たれ、硬直状態が続いている。

 真木といえば、デビューのきっかけとなった無名塾時代のエピソードが…。マラソンが嫌でそのままバックレた、という逸話もある。あの仲代達矢の無名塾に、中学の時に入ったというのも驚くが、すぐに辞めてしまったのにはもっと驚く。ほかにも挙げればキリがないほど、伝説にはコト欠かない。コンプライアンスづくしの令和の芸能界では、なかなか貴重な存在でもある。

 一連の騒動で「パッチギ!」の呪いを思い出した。2005年製作の井筒和幸監督映画だ。キネマ旬報1位、毎日映画コンクール最優秀作品賞、ブルーリボン賞作品賞など数々の映画賞に輝いた。

 が、その輝かしい経歴とは対照的に、出演者が次々と不幸に見舞われている。主人公を演じた塩谷瞬は二股交際で芸能界から失脚。さらに高岡蒼佑も韓国ドラマをゴリ押しするフジテレビにモノ申して玉砕。その妹役、沢尻エリカも麻薬取締法違反の容疑で逮捕された。小出恵介も木下ほうかも、お騒がせ芸能人となった。そして今回、真木も…。

 主要メンバーで無傷なのは浪岡一喜、江口のりこくらいのもので、ここまで縁起の悪い映画は前代未聞だろう。それを踏まえてあらためて映画を見返すと、いろいろ発見があるのでは。

(堀江南)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」