芸能

黄金の「フェロモングループ」復活祭(1)「令和のC.C.ガールズ」が怪気炎!

 フェロモングループの開祖である「C.C.ガールズ」のデビューから29年、ここに3代目として金看板が復活した。当時を知らない新メンバーがアサ芸に初登場!

──令和の時代によみがえった「C.C.ガールズ3」のメンバーに、まずは自己紹介を。

花岡なつみ(23) メンバーでは「アイドル担当」です。私はもともと歌手志望で、4年前には鬼束ちひろさんに楽曲提供していただいた曲でCDデビューしました。

中川知香(26) 私はグループのサブリーダーで「スタイル担当」です。

豊田百佳(23) そして私は、公式プロフィールに唯一Gカップと明記してあるように(笑)、「セクシーグラマー担当」です。

──さて、「C.C.ガールズ」は知っていた?

中川 初代の方がデビューした90年には私たち、誰も生まれていないんです。青田典子さんが「バブル青田」としてバラエティーでご活躍されたことは知っていましたが。

豊田 初代や2代目の方々の写真集を見せていただいて、女の私でも鼻血が出そうになるくらい(笑)、なんてキレイなんだろうって。

花岡 画像や動画などの資料を見て、こんなに活躍されていたグループなんだ、とあらためて思いましたね。

──では、新生グループへの加入は感激だった?

中川 実は、正直なところ「イヤだ」と思ったんです。

──おっと、意外な発言。

中川 私は女優のお仕事を目指しているので、まさか「バストを強調したセクシーな衣装で踊って歌う」なんて考えたこともなく。

──C.C.ガールズを知る世代にとっては完全にそのイメージだ。

中川 ただ、事務所の中で20人ほどが選抜され、レッスンを続けるうちに15人となり、最終的に5人が残って「このメンバーだったら楽しそうだな」と思って決意しました。

──5人の平均身長が171センチ、バストが86センチというのは、初代に負けないプロポーションだ。

豊田 私はこの業界に入ることも初めてで、ダンス、歌、演技のレッスンと毎日が大変でした。

──グラビア展開においては、メンバー随一のGカップだけに「キーウーマン」となりそうだよ。

豊田 グラビアに関しては、一応、お母さんに「やってもいいの?」と相談しました(笑)。

──さて、フェロモングループの誕生自体、ほぼ四半世紀ぶり。現在の芸能界を見渡すと、AKBグループや坂道系などの「アイドルグループ」が全盛で、さらにTWICEやIZ*ONEなどの「K‐POP」も大人気。この戦国時代に割って入っていくという決意は?

中川 平均年齢が24.6歳なので、アイドル売りではなく「オトナの魅力」で差をつけたいですね。

花岡 このグループは、私はもともと歌手活動をしていたし、中川は演技の道で、他のメンバーはモデルと、マルチに展開できる可能性があると思います。

中川 花岡は、見た目はかわいらしいですが、歌うとカッコいいんですよ。

花岡 私は部活動もやっていなかったので、こんなにお姉さんたちに囲まれたことがなく。先輩として厳しいのかなと不安だったんですが、優しいお姉さんばかりで安心しました。

──では、グループとしての目標を。

中川 5年以内には人気グループになりたいです。それまでは、お仕事的に「NGなし」でやっていこうと思います。

──週刊アサヒ芸能のグラビアや表紙にもぜひ!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)