芸能

黄金の「アイドルグループ」を総直撃<鈴木幸恵(セイントフォー)>総額40億円の売り出しも2年で空中分解

 世の中のバブル景気よりも早く、ケタ違いの売り出し予算で話題になったのが、84年デビューの「セイントフォー」だ。2代目リーダーだった鈴木幸恵(55)が見たものは──。

 レオタードを着て、バック転などアクロバティックな動きとともに歌い踊る4人組。当時としては珍しく、デビューまで2年もレッスンを重ねた。

「私はもともと、沢田研二さんが大好きでこの世界に入ったんです。そして厳しいレッスンの末にメンバーに抜擢され、デビュー曲は長らく沢田さんを手掛けた加瀬邦彦さんのプロデュース。個人的にはとてもうれしかったですね」

 スレンダーな岩間沙織(57)、小悪魔的な濱田のり子(56)、メガネがトレードマークの板谷祐三子(53)との個性的な4人で、デビューに際しての総予算が主演映画「ザ・オーディション」(84年、東宝東和)の製作費なども含め、破格の40億円とも言われた。

 ただし、その投資に見合う成果は得られなかった。

「正直、私たちは言われたことをハイハイと聞いて、毎日を忙しく過ごしていました。そして祐三子が先に脱退を申し入れて‥‥。今から思うと、もっとメンバー同士で話し合っておけばよかったと、今も後悔しています」

 新たに岩男潤子(51)が加入したが、事務所とレコード会社の泥沼闘争もあって、新曲の発売は放置された。結局、デビューからわずか2年2カ月で「自分たちの意思」という形で解散。

 準備した期間に比べれば、あまりにも短い期間での空中分解となったが、

「実際にスタッフの方々でどんな動きがあったのか。私たちはわかりませんでした。いろんな大人が出入りしていたな、という感じです」

 ただ、ファンと接するライブなどの機会は多かったため、悪い記憶ばかりではなかった。

「特に芝・郵便貯金ホールでの初ライブは感動しました。デビュー曲が出て、私たちの映画が流れて、そしてステージを踏めたことを皆で喜び合いました。最初の映画も、わりとロックな作りになっていて、アイドル映画としては完成度が高かったと思います」

 解散後、それぞれの道を進んだが、恩師である加瀬邦彦が経営するライブハウスで再結成のステージを持つことに。13年11月3日のことである。残念ながら板谷は参加できなかったが、鈴木、濱田、岩間の3人でCDもリリースするなど、本格的に復帰。

「アクロバティックなステージですか? 沙織は『側転』をみごとに決めて、会場がひとつになって盛り上がっていました。ああいう動きに関しては、沙織は今でも宇宙人みたいなものですから(笑)」

 私生活では2人の女の子を持つ母親である。娘たちは再結成ライブにも足を運んでくれ、また、YouTubeなどで80年代のアイドル映像も見てくれているという。

「当時の映像に関しては、娘は冷ややかに見ていて『お母さん、レオタードがダサ~い』って言ってくるんですよ」

 悲劇のグループとも呼ばれたが、メンバーは「今」を楽しんでいる。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田望結が“オトナ”を意識し始めた?海辺の強調ボディ「ビックリ成長具合」
2
「ブン殴ろうと思った」音楽業界の重鎮を激怒させた市川海老蔵の「裏の顔」
3
浜崎あゆみ、ロケットパイが凄い!Fカップ以上?ド強調の膨らみが大注目
4
松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論
5
本田望結が「17歳のパジャマの下」を魅せつけた「ピンクの誘い」