芸能

吉高由里子の「知らなくていいコト」をスクープ(1)「袋とじ」もノリノリで破いて

 1月8日にスタートした連ドラで、吉高由里子が週刊誌記者の役に挑んでいる。ふだんの追われる側から追う側へとシフトしたようだが、彼女に似合うのはやはり追われる立場だ。アサ芸が照準を合わせて地を這う取材を敢行したところ、ドラマタイトル同様のレアなスクープが次々と上がってきた。

 吉高由里子(31)が週刊誌記者を演じるのは、日本テレビ系ドラマ「知らなくていいコト」。出版社が発行する「週刊イースト」の特集班として連日連夜、政界の汚職から芸能人のスキャンダルまでスクープ獲得に励んでいる。物語が進むにつれ、母の最期のひと言によって、記者である自身も「知らなくていいコト」に直面していくのである。

 ちなみに同ドラマのキャッチコピーには「信じられないスクープは、私自身のことでした。」とある。まさにアサ芸の追及を誘っているようではないか。ならばエールを送るべく、ドラマでの吉高よろしく、彼女自身に関する最新動向を関係各所から徹底取材しよう。

 まずは日テレ関係者がささやいた。

「今作の現場で、彼女は週刊誌に掲載されているヌードグラビアに大興奮しているともっぱらなんです。収録に際し、吉高は実際に刊行されている週刊誌を資料としてスタッフからもらっているんですが、それだけでは飽き足らず、みずからコンビニで何冊も購入してる。現場に持ち込んで隅から隅まで読み込んでいるんです」

 なんとも感心、女優の鑑ではないか──。いや、仕事のためだけに広げているわけではないようだ。

「現場の待ち時間に『おっぱいでっか!』『このお尻触りたい!』などと声に出しながら、週刊誌のヌードグラビアを凝視しているんですよ。周囲のスタッフに対しても『これ、エロすぎじゃないですか?』と躊躇なく、間髪入れずにヌード写真を見せてくる。袋とじもノリノリで破いて開けていますね」(日テレ関係者)

 ヌードグラビア好きが高じて、さらに違う方向にまで話題を展開させていったという。

「『ヌードモデル募集』の告知に、『私も応募してみようかな』なんて真顔で言っているんですよ。周囲のスタッフとしては、彼女が映画『蛇にピアス』(ギャガ)で乳房を剥き出しにして生々しいセックスシーンを演じていたことを知っているだけに、よけいに想像力が高まってしまい、どう反応していいかわからずドギマギしているんですよ」(日テレ関係者)

 妄想をかきたてる構成力があるとは、週刊誌記者の素質があると言わざるをえない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「バス旅Z」最新回!?田中要次&羽田圭介“ロケ目撃情報”
2
「Gバスト」森咲智美、激艶ソロキャンプ動画に「違うカップを想像」声とは?
3
白石麻衣 ケーキ実食「放送事故」で見せた「裏の顔」
4
伊藤健太郎「ガールズバー泥酔大放言」を実況
5
和久田麻由子“独り生活”の淋しさが溢れ出る?ただ今フェロモン大放出中!