女子アナ

川田裕美、“足激痛の原因判明”もファンからアノ行為の「過剰披露」を疑う声!

 元読売テレビアナのフリーアナ・川田裕美が2月21日に自身のオフィシャルブログ「Sweet Room」を更新し、眠れないほど辛かったという足の痛みの原因がわかったと報告している。

 20日のブログの中で、〈痛すぎて眠れないほど〉の激痛が左足に降りかかっていることを明かし、ファンもその症状を心配していたが、翌日に〈まだ痛いけど…判明しました〉とのタイトルで記事を更新し、血液検査の結果〈ウイルス性・細菌性のものや、痛風ではありませんでした。(そもそも、女で私の年齢で痛風だったら、学会に知らせるくらい珍しいことだそうです)〉と報告。

〈足の筋肉の疲労がたまってしまっていて、一気に足底にきて腫れてしまったのではないか、とのことでした〉とし、腰痛をかばうために無意識的に不規則な歩き方をしていた可能性についても言及。〈とにかく原因がわかって安心しました!〉とも綴り、治るまでには2~3週間から、長くて1カ月ほど要することもあると説明した。

「当初、足を床につけるだけでも激痛が走ると嘆いていたため、痛風を心配する声が出ていましたが、医師から筋肉疲労だという説明を受けたようです。川田といえば、“スキップのできないアナウンサー“としてよもやの脚光を浴び、これまで幾度もその奇怪なスキップと思しき動きを披露。ファンの間ではあの独特すぎるフォームでスキップをやりすぎたせいで、足によけいな負担がかかったのではないかと推測する意見もあり、『スキップの影響かなと思ってましたが…いや、多少は関係あるかもね』『多分川田さんのスキップは通常よりも筋肉疲労が激しいと思います 笑』との指摘が続々と寄せられ、『高いヒールでよくスキップらしきことできるなぁと思ってました。やっぱり結構負担になってたんですね』という声もありました。自他ともに認める“運動音痴タレント“の川田ですから、おかしな姿勢であのスキップを過剰に披露してしまうとケガにつながる可能性もあながちゼロではないかもしれません」(テレビ誌ライター)

 川田の人気上昇を大いに助けた“独特スキップ“だが、しばらくはこの強烈な商売道具を封印する必要がありそうだ。

(木村慎吾)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
5
美女雀士・岡田紗佳の「激震しすぎる放送事故」で画面が緊急チェンジ!【2024年6月BEST】