芸能

加藤紗里、イベント告知が大炎上で「自分が出産することも考えて」悲鳴も!

 タレントの加藤紗里が2月28日、自身のインスタグラムを更新し、3月14日に兵庫県姫路市内でイベントを行うことを発表した。

 加藤は「頑張る女性の為の紗里の座談会」というイベントのチラシ風の画像をアップし、〈いきなりですが!こんな時だから、世間がこんな状況だからこそあえて延期せず、この日にオフ会イベントを決行しようと思います!〉と、新型コロナウイルス感染者が国内でも続出、世間が次々とイベント自粛する中、敢えてイベントを決行することを告知。〈医師と弁護士を呼んでシングルマザーにコロナの勉強会や全国休校で会社とどう休みについて話し合うか、無料で受講できるようにしたり、、、〉と、イベントの内容について説明した。〈これからシングルマザーはかなり過酷な環境におかれると思います。紗里はまだ子供を産んではいませんが、シングルマザー代表としてオフ会イベント開催したいと思います!〉と、特にシングルマザーのためのイベントであることをアピール。最後に〈コロナなんて吹き飛ばせ!! ※あ、マスクの着用は必ずお願いします。〉と付け加えている。

 画像には「シングルマザーである加藤がお悩みや相談に答えてくれる」「加藤の私物をゲットできるプレゼント企画」「ライブ配信見学OK」といった趣旨の宣伝文句が並んでいる。

「加藤は昨年9月に不動産会社経営の男性と結婚しましたが、今年1月10日には早くも離婚を発表。直後に妊娠していることが判明し、シングルマザーとして子どもを産み育てる決意をして話題になっていますね。妊娠中ということでコロナウイルスが収まらない中でのイベント開催に、心配や批判をする声が殺到しています」(芸能誌ライター)

 インスタには医師と見られるアカウントから胎児への悪影響や集団感染を心配し、イベント開催中止を求める声が寄せられているほか、ネットでは「お腹の赤ちゃんに何かあったらどうすりつもり」「自粛ムードの世間の逆を行けばウケると思ったのだろうか?」「そもそも何をやるイベントなのか不明確」「医師や弁護士が参加?このご時世に集団感染のリスクもあるイベントに出る医者なんているの?」「ウイルス吹き飛ぶわけないだろ」といったコメントが続々。

「加藤が炎上商法的に、批判される言動をわざと取るキャラだということは理解できますが、これはさすがに…。来場者の感染リスクだけでなく、加藤の出産にもどんなリスクがあるのかわかりませんからね。これはやめてもらいたいです。3月3日になって加藤はイベント参加者を1名に限定するが、あくまで開催すると内容を一部訂正しましたが、また、批判が高まっていますよ」(前出・芸能誌ライター)

 確かにシングルマザーのために何かしたいと本気で思うなら、ほかにできることもあるはずだが…。

(石見剣)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
2
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
3
ショックだった?浜辺美波、「熱愛」直後の収録で起こった“共演者の異変”!
4
沢口靖子「科捜研の女」“打ち切り”報道で密かに喜ぶ人の「意外な理由」
5
氷川きよし、「性別を超えたスタイルと魅力」を炸裂させ続けた“激動2年半”