芸能

OG真野恵里菜も驚いた!「夏のハロプロ公演」の“新しいライブ様式”とは

 異例の形での開催でも、ファンには朗報か。6月15日、モーニング娘。‘20などHello! Projectのアイドルグループが所属するアップフロントプロモーションが、7月から予定されている「ハロー!プロジェクト・コンサート」の内容について発表した。

 これは通称“夏のハロコン”と呼ばれるハロプロアイドルが総出演する豪華なコンサート。未発表の新曲披露や期間限定でグループをごちゃ混ぜにした「シャッフルユニット」を結成し先輩グループの曲を歌うなど、ハロプロの今と懐かしさを盛り込んだ夏の風物詩となっている。

 ただし、今年に限っては、例年と勝手が違うようで、

「メンバーがそれぞれソロで、ハロプロの楽曲ではないJ-POPを中心としたバラード曲のカバーを歌う計画でした。新型コロナウイルス感染症の影響から、会場内での密封・密集・密接の3密を避けるための判断のようです。バラード曲のカバーで縛るのも、ファンからの『コール』や『PPPH(ヲタ芸の一種)』をさせないためのもの。ハロプロの曲だと、つい反射的に声を出しかねないですからね。もちろんファンたちにはマスク着用と常時着席が義務付けられます」(アイドルウォッチャー)

 前代未聞の状況に、ハロプロのOGメンバーである真野恵里菜も自身のツイッターで<ハロプロの曲をやらないハロコン?>と率直な驚きの心境をツイートしていた。さながら、大ホールでのカラオケ鑑賞会になりそうではあるが、ファンからは<ハロプロの歌を歌わないハロコンなんて今後ある分からないし行ってみたいな><誰がなんて曲を歌うのだろうと考えていたらめっちゃ楽しみになってきた>と思いのほかSNS上では好意的な反応が目立っていた。

「誰がどの曲を歌うのかは明らかになっていませんが、SNS上にはメンバーに歌ってほしい曲をリクエストする投稿が上がり始めています。コロナ禍で3月からコンサートなどのイベントが軒並み中止になりました。そんな中でのコンサート開催の発表なのでファンたちは興奮を隠しきれないのでしょう」(前出・アイドルウォッチャー)

 なお、5月25日に政府が発表した「段階的緩和の目安」が当公演にも適用されることになる。今後の感染状況にもよるが、公演初日の7月11日には「5000人または、収容人数の50%以下」の数の小さいほうが入場者数の限度。会場となる中野サンプラザ(東京)の最大キャパは、およそ2200席。単純計算で半分のおよそ1100席となる見込みだが─。

「確実にプレミアチケットになるので、転売屋が現れないかが不安です。ふだんから、定価1万円弱のチケットが数倍の値段で取引されることも少なくありません。先日、プロ野球でシーズンシートを転売した人が逮捕されていましたが、事務所の運営側が対策を検討しないかぎり転売ヤーの収入源になりかねませんよ」(前出・アイドルウォッチャー)

 ファンと事務所それぞれに、ウィズコロナ時代の行動が求められる。異例のハロコンがアイドルイベントの試金石となりそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」