芸能

「ハケンの品格」好調で終了も「前シリーズより不満」の声続出の“理由”

 篠原涼子主演ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系)第2シリーズの最終回が8月5日に放送され、平均視聴率は12.6%。全話の平均視聴率は12.7%だった。

 同ドラマは、高いスキルを持つスーパー派遣社員の大前春子(篠原)が、老舗食品商社の「S&F」に派遣され、社員の失態による難問を次々と解決するというストーリーが人気となった。また、「S&F」の社員・東海林武(大泉洋)と里中賢介(小泉孝太郎)と大前の微妙な恋の三角関係も見どころの1つだった。

 だが、期待された視聴率は、2007年放送の第1シリーズを超えることはできなかった。

「第1シリーズの初回は18.2%。最終話は26.0%まで伸びました。ですが、今回は、2桁をキープできたものの、期待外れ感はありました」(テレビ誌ライター)

 その原因はどこにあるのか。視聴者の意見をみると「パンチが弱かったし、爽快感に欠ける終わり方で物足りなかった」「今回は、あまりおもしろくなかった。なんだか拍子抜けだった」「期待外れ、不完全燃焼のまま終了、という感が否めません」などの不満と「コロナ禍の中での撮影は大変だったと思いますが、作りが雑な感じがした」という感想が多かった。

「第1シリーズの大前は、凛とした孤高さと仕事人としてのスキルをいかんなく発揮していました。ですが今作は、東海林との漫才のような掛け合いが多く、ギャグ漫画のような展開もあり、前作のようなスカッとした爽快な終わりではなかったように思います」(前出・テレビ誌ライター)

 13年のブランクで、大前の性格が丸くなりすぎたのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
2
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
大島由香里、「耐え難いことがあった」離婚原因の吐露に見る小塚の“罪深さ”
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)