社会

元日本軍軍医が死の間際に明かした“慰安婦問題”の核心(1)元軍医が語る慰安所の実態

 元日本兵たちに付けられた「朝鮮人慰安婦を性奴隷にした」という汚名。それを晴らそうと、元軍医が証言していた事実を、強制連行肯定派はそれも「ウソ」と呼べるのか!

 日米韓首脳会談の直前、朴槿恵大統領(62)は、またも「慰安婦問題」についての条件を日本に突きつけていた。政治部記者が語る。

「韓国側は会談直前、日本側に4月中旬、日韓局長級会議を行うことを要求してきました。日本側から外務省の伊原純一アジア大洋州局長、韓国側は李相徳〈イサンドク〉外務省東北アジア局長が出席する予定です」

 韓国側のゴリ押しは、これにとどまらず、慰安婦問題を協議する「協議体」の創設を要求してきたのだ。

「今まで日本は韓国の言いなりでした。しかし、この会議では、過去の慰安婦事業に対する韓国の不誠実な態度に対して、日本側がはっきり発言する覚悟で挑むようです」(前出・政治部記者)

 ようやく、土下座外交から脱出する兆しは見えてきた。しかし、忘れてはならないのは韓国側が「慰安婦」を国際舞台で問題化するたびに、性奴隷にしたと非難される太平洋戦争に従軍した人たちの存在である。老いて平和な余生を送る人たちの身には、犯罪者のごとき汚名が着せられているのだ。

 数年前、日本維新の会・中山成彬衆議院議員に一本の電話がかかってきたという。中山氏が語る。

「当時、私は『日本の前途と歴史教育を考える議員の会』の会長でした。私が慰安婦問題に取り組んでいるということをどこかで調べた、92歳になる元日本軍軍医の方から直接、電話がかかってきたのです」

 元軍医は、高齢であることから外に出歩くこともできないので、ぜひ、千葉県船橋市にある自宅に来て、自分の話を聞いてほしいと、中山氏に申し出た。そこで元軍医は、みずからの経験をこう語り始めたのだという。

「自分は、戦争中にソ連と満州の国境である『ソ満国境』の満州側にある『黒河』という場所で軍医をしていました。そこには、約5万人の日本軍が集結していたのです。そこに従軍慰安婦たちが各地からゾロゾロと集まってきました。だいたい100人くらいいましてね。ほとんどが日本人だったけど、20人くらい朝鮮出身の女性もいました」

 彼が経験した出来事は、朴大統領の父親・朴正煕氏が米軍相手に管理していた、拉致や性病の蔓延などがある“地獄の慰安所”とは、まったく違うものだったという。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
3
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
4
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
5
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?