芸能

ドラマ「西遊記」でとんでもないセールスを記録…「ゴダイゴ」はなぜ国民的バンドになったのか/日本音楽シーン「名作裏面史」

 タケカワユキヒデ、ミッキー吉野らによる「ゴダイゴ」と聞いて思い浮かべるのは(世代にもよるが)まず、「モンキー・マジック」「ガンダーラ」ではなかろうか。

 彼らがデビューした当時の日本は、歌謡曲全盛時代。初期のゴダイゴはCMソングやテレビ、映画音楽の仕事がメインだった。業界ではクリエーターたちから一目置かれる存在だったものの、音楽番組への出演などなかったのである。

 そんな彼らに、ビッグチャンスが訪れる。それが夏目雅子主演で、堺正章や西田敏行らが出演するテレビドラマ「西遊記」(日本テレビ系)だった。78年に出たそのサントラ盤「西遊記(マジック・モンキー)」は、彼らにとって通算3枚目のアルバムとなる。

 この演奏、実は難解でマニアックなことをやりながら、心地いい世界へと誘い、小学生にも愛される存在に。ロックバンドとしては、とんでもないセールスを記録することになるのである。

「西遊記」のテーマ曲となった「ザ・バース・オブ・ジ・オデッセイ~モンキー・マジック」と「ガンダーラ(英語バージョン)」はシングルカットされ、前者(「モンキー・マジック」のみ)が56万枚、後者は89万枚というビッグセールスとなった。

 オリコンの週間アルバム・チャート1位を獲得しただけでなく、なんと79年の年間アルバムチャートで1位になるという快挙も達成。ゴダイゴは国民的バンドとして、その名を知らしめていくことになる。

 その後、ゴダイゴは日本を飛び出し、アメリカや中国でもコンサートを開催するなど、精力的な活動を続けるが、ベースのスティーヴ・フォックスが脱退後、ソロ活動が目立ち始める。そして85年春、10年間にわたる活動に終止符が打たれた。

 日本のロックを「お茶の間」に持ち込んだバンド。それがゴダイゴだったのである。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
2
西武「史上最速で自力V消滅」「借金20でアウト」松井稼頭央監督と平石洋介ヘッドコーチ「セットで退場」Xデー
3
「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」
4
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
5
テレ朝・斎藤ちはるがラグビー日本体表・姫野和樹とカメラも気にせず寄り添って…